2019年07月29日

8/31(土)のスルタノフ記念コンサートについて

2019年8月31日(土)に、スルタノフ生誕50周年を記念したコンサートを開催いたします。場所は市ヶ谷にある、ルーテル市ヶ谷になります。現在、最終調整中で、近日中にご案内出来ると思います。

今回は第1部(13:00予定)と第2部(18:00予定)の2部構成を考えており、1部ではスルタノフを敬愛する学生を中心としたコンサート、2部はスルタノフに影響を受けたプロのピアニストによるコンサートという内容を考えています。

そこで、その日演奏されそうな曲目から、スルタノフの演奏を少しご紹介してみたいと思います。

まずは定番ですが、ショパンのノクターン。スルタノフのレパートリにショパンのノクターンは2曲+1くらいありますが、この13番は有名ですね。


バラード4番も誰かが演奏するのではないかと思います。スルタノフはバラード1番も弾いていますが、4番のほうがトレードマークというかんじですね。


ロシアものも得意にしていましたね。スクリャービン、プロコフィエフ、などありますが、こちらの動画はラフマニノフのソナタです。ホロヴィッツ版というかスルタノフ版というか。


スルタノフ自身はあまりバッハを弾きませんが、こういう記念コンサートでバッハを弾くと、天国と通信出来そうです。


おまけです。


もちろん、スルタノフのレパートリに入っていなかったけど、きっと喜ぶだろうという音楽もたくさん飛び出ると思います。

是非、8/31(土)は、スルタノフの生誕50周年のお祝いに、ルーテル市ヶ谷にお越し下さい。
posted by Murakami at 00:14| Comment(2) | コンサート

2019年07月20日

Kindle版:アレクセイ・スルタノフ: 伝説の若き天才ピアニストが発売されています

既に発売から1カ月たっておりますが、販売中のスルタノフに関する書籍「アレクセイ・スルタノフ: 伝説の若き天才ピアニスト」のKindle版が購入出来るようになりました。こちらのブロウでも、皆さまにご紹介したいと思います。



この書籍はもともと2017年12月に発売されたものですが、当初より電子書籍で出版されるという計画がありました。
本の製作や執筆に関しては、当支援会は一切関与しておりませんが、出版された本の中には気になる表現や誤植などがあったため、修正リストを出版社および著者に提出しておりました。これに対して、電子書籍版の時に見直して下さるとお返事を頂いていたところです。

今回の Kindle 版を見てみますと、確かに書籍版に比べて修正されているところもあります。しかし、もう少し何とかならなかったのかな、という修正は多かったのは残念でした。
例えば、オリジナルでは、スルタノフがリーズ国際コンクールを受けたという記載になっていたため、一言訂正を入れたのですが、その結果このようなかんじになってしまいました・・・。
IMG_4098.JPG

とはいえ、スルタノフの歴史についてまとめられており、また、通常スルタノフファンがあまりみない視点での考察が見られていたり、ユニークな価値があるものもあると思います。先日来日した、アンドレイ・デニセンコも、日本語が読めないにもかかわらず、喜んで持ち帰っておりましたし、そういう価値もあると思います。
これまで、電子書籍版を待っていた方もいると思いますが、20%お安く買えますし(中古品はもうさらにもう少しお安いようですが)、ご興味がある方は手に取ってみて下さい。
posted by Murakami at 23:07| Comment(0) | 一般

2019年07月13日

スルタノフとポポヴィチ先生の写真

最近タシケント在住のスルタノフの従姉と連絡する機会がありました。
その中で、学校でポポヴィチ先生から指導を受けるスルタノフの写真を頂いたので、皆さんと共有したいと思います。

66684475_468074710658508_3635066843942617088_n.jpg

先日ウスペンスキー音楽学校を訪れた日高さんからも教えて頂きましたが、ポポヴィチ先生は学校でも伝説的な教師になっていて、多くの写真などが貼ってあるそうですし、先生に関するいろいろなエピソードもあるようです。厳しい指導であったという証言もありますが、生徒からも愛され、そして何よりウズベキスタンを代表するたくさんの音楽家を輩出しました。

スルタノフの幼少期の写真は、ロシア語のオフィシャルサイトに多数掲載されていますが、この写真とあわせてお楽しみください。
http://www.alexeisultanov.ru/gallery1
posted by Murakami at 20:49| Comment(0) | 歴史

2019年07月07日

ウスペンスキー音楽学校におけるスルタノフ

こちらのブログで何回かご紹介した通り、6月には日高志野さんがスルタノフの故郷タシケントで演奏会を致しました。前回のブログにも書きましたが、演奏の動画もあるので是非ご覧ください。
日高志野さんのタシケント公演のご紹介: アレクセイ・スルタノフ情報

さて、日高さんは演奏会ご成功の後、スルタノフの幼少期の同級生などと会話をされたり、またウスペンスキー音楽学校を訪れて、学校の理事長と会話をしたり、ポポヴィチ先生の情報についてをいろいろとお話してきたようです。
モスクワあたりの情報は日本にも届くようになってきましたが、タシケントの情報はまだまだ遠かったな、という印象を覚えるくらい、タシケントでもスルタノフは敬愛されているようです。

その中で、2010年に設立70周年を記念して作られた冊子があり、この学校で勉強した優秀な学生たちが紹介されています。もちろん、スルタノフも紹介されています。ロシア語ではありますがご紹介したいと思います。
IMG_4111.JPG

基本は年齢順に並んでいますが、スルタノフだけが特別扱いで、一番最初のページにいます。
IMG_4113.JPG
ロシア語が読めなくても、1982年と1984年に何かがあったことや、第8回のチャイコフスキーコンクールの年号が間違っている(1996とあるが1986)ことはわかりますね!

当然ながら、アンナ・マリコヴァや、今大人気のローラ・アスタノヴァもいます。ベフゾド・アブドゥライモフもスタニスラフ・ユデニッチもいます。
当支援会とも良好な関係でいる、タミーラ・サリムジャーノヴァもいました。
IMG_4115.JPG

ウスペンスキー音楽学校では、スルタノフに関係するイベントの情報などを集めている、という話もあり、今後日本と良好な関係を結べればよいなと思っています。また今後の展開などがあれば、こちらのブログでもご紹介したいと思います。
posted by Murakami at 21:59| Comment(2) | 一般

2019年06月30日

チャイコフスキーコンクールでのスルタノフ

つい先日までモスクワで開催されていた、楽しいチャイコフスキーコンクールが終了しました。最近は全てが配信・アーカイブで見れるようになったこともあり、より視聴者も楽しめるようになり、また同時にいろいろなことに詳しくなり、耳も鍛えられてくるかと思います。

スルタノフは 1986年(当時16歳) と 1998年(当時28歳) のチャイコフスキーコンクールに出場していますが、幸運にもその録音は全て残されており、さらには録画も多くが残っています。
ちょうど2019年のチャイコフスキーコンクールも終わったことですし、中には全演奏を視聴された方もいると思います。今このタイミングで、当時のスルタノフの演奏を確認することは大変興味深いと思い、ご紹介させて頂きます。

1986年(16歳)の演奏:
まず動画で残されているのは、このコンクール全体のドキュメンタリーからの抜粋となるほんの一部になります。

まずはナウモフ先生のレッスン風景を含む、スケルツォの2番。映像から、例えば左手でバスを弾く時の小指と手首の使い方など、この時期に既に弾き方が完成されていることがわかります。演奏後のシーンでは、ナウモフ夫妻から大変愛されていることもよくわかります。


そして、こちらは1次予選の熱情ソナタの最後です。小指骨折の中、舞台裏で痛み止めを使いながら弾いたという伝説の演奏です。


この他、幸いなことに、このコンクールの1次予選、2次予選の録音は全て残されています。

1次予選の演奏。平均律と、チャイコフスキーの四季から11月が貴重です。


2次予選の演奏。プロコフィエフのソナタ3番と、ボリス・チャイコフスキーのアレグロという曲の演奏が貴重です。


この時のコンクールは、中村紘子さんが執筆した「チャイコフスキー・コンクール」の時でもあるため、併せて読むとより興味深いと思います。


1998年(28歳)の演奏:
1998年はインターネットの動画配信技術はまだなかったのですが、幸運にも全ての演奏の録画が残されております。

予備審査より、その1


予備審査より、その2。この時演奏した、四季の11月は貴重だと思います。


1次予選より、その1


1次予選より、その2


2次予選より、その1:ドゥムカ


2次予選より、その2:ショパンソナタ第3番 1, 2 楽章


2次予選より、その3:ショパンソナタ第3番 3, 4 楽章


2次予選より、その4:プロコフィエフソナタ第7番 1, 2 楽章


2次予選より、その5:プロコフィエフソナタ第7番 3 楽章(もはや伝説)
終わった後、アナウンスも入り、帰る人もたくさんいますが、それでも拍手が続けられている音が聞こえます。


だいぶ後からCDにもなりました。コンクールでは結果的にドレンスキー教授門下のピアニストが活躍しましたが、スルタノフの演奏もそれだけ注目度が高かったのでしょう。
posted by Murakami at 11:48| Comment(2) | 演奏