2018年09月29日

クライバーンコンクールのドキュメンタリーより

クライバーンコンクールのドキュメンタリービデオは、単に演奏の記録だけではなく、スルタノフについて様々な視点から知れる重要な資料です。

本当はDVDを入手するのが最もよいのですが、現在は例えば Amazon ではなかなか入手が難しくなっています。


どうやらクライバーン協会のショップでは常識的なお値段で購入出来そうですので、お持ちでないスルタノフファンの方は、是非こちらから購入されるとよいと思います。
Eighth Cliburn Competition (1989) Documentary DVD: Here to Make Music

さて、全てではありませんが、その一部は YouTube で公開されています。


演奏もそうですが、2:40頃から、サン=サーンスのコンチェルトをキーボードで遊んだり、またちょっとしたジャズを弾いてみたり、ガーシュウィンのラプソディー・イン・ブルーの一部を弾いているシーンは大変貴重です。ラプソディー・イン・ブルーは、1991年の7月20日に、演奏した、という記録がありますが、既にこの頃からレパートリに入っていたとは興味深いです。
サン=サーンスのコンチェルトは、エリッソ・ヴォルクヴァゼが本選で演奏するのですが、出場者の全員が大変仲良くしているのがわかります。DVDを見るともっとわかりますが、出場者たちは本当に仲良くなるようです。

貴重という意味では、ドヴォルザークのクインテットのシーンも貴重です。私が知る限り、クインテットの残された録音は流通されておらず、このシーンだけになります。

最後に、このコンクールのために書かれた、W.シューマンのチェスターというピアノ曲ですが、こちらはスルタノフの録音がばっちり残っており、映像の中でも一部を見ることが出来ます。
以下の通り楽譜も市販されていますので、ご興味がある方は是非手にとって演奏してみるとよいと思います。
Chester Variations For Piano
posted by Murakami at 17:20| Comment(0) | 一般

2018年09月08日

アリョーシャのピアノ

現在モスクワのスルタノフ家には、どういったピアノがあるでしょうか。先日、弟のセルゲイ氏とそんな話をしたのでご紹介したいと思います。

まず1つ目は、セルゲイ氏が「アレクセイのピアノ」と呼ぶアップライトピアノです。
このピアノは、彼らがタシケントにいた時から使っていたピアノですが、「もう壊れていて使えない」ものだそうです。このピアノはセルゲイ氏の自宅に今も置いてあります。私が訪れた時は、こんなかんじで、アリョーシャ祭り状態になっていました。若きアレクセイが弾きつぶすまで練習に使った、博物館行きに相当するピアノです。
IMG_5897.JPG

2つ目のピアノは、同じくセルゲイ氏宅にあり、Petrof社のアップライトピアノということです。

3つ目のピアノは、スルタノフご両親宅にあります。GEYER社という東ドイツ製のピアノです。
スルタノフはアメリカに移住後、1998年にチャイコフスキーコンクール参加のためにモスクワに戻ってきていますが、その時はこのピアノで練習していたといいます。

一方で、テキサス州のフォートワースのご自宅には今も YAMAHA のピアノがあります。こちらは、7フィートモデルということです。また、それとは別途電子キーボードもあります。
100_9153.JPG

以下の自宅練習中の風景を見ると、普段の練習の時はピアノの蓋は閉じていて、その上に譜面台をのせていたと思われます。
playathome.jpg
posted by Murakami at 09:57| Comment(0) | 一般

2018年08月25日

スルタノフが好んだお酒とは

スルタノフがお酒を好んだという話はよく知られています。実際、彼の弟のセルゲイ氏も、日本酒を水のように飲みますし、またお父さんのファイザル氏も私がお会いした時には、何倍もウォッカを楽しまれていました。では、アレクセイはどのようなお酒を好んだのでしょうか。

セルゲイ氏に聞いてみたところ、そもそもソ連時代にはよいお酒というのがあまりなかったこともあり、ウォッカ、赤ワイン、コニャックなどを飲んだということです。ロシアも今ではバルティカビールなどがありますが、当時はなかったということもあり、ビールはあまり飲まなかっただろうということです。

そういえば、かつて「スルタノフワイン」という写真を頂いたことがありました。
100_9226.jpg

日本公演での打ち上げでは、日本酒を飲んでいた記録もあるようです。

ところでロシアのウォッカといえば、ルースキースタンダルトが美味しいです。

スルタノフも飲んだのでしょうか。弟のセルゲイ氏は世代が違うからか、ウォッカは好んで飲まないようです。

ところで、スルタノフとナウモフ門下同門のマキシム・モギレフスキー先生にかつて最も美味しいお勧めのウォッカとして、ベルーガを教えて頂きました。ご興味ある方は是非お試し下さい!

posted by Murakami at 11:37| Comment(0) | 一般

2018年08月18日

スルタノフが読んだ本

アレクセイ少年は、少年時代にどのような本を読んで育ったのでしょうか。

シャーロック・ホームズシリーズを大変好んでいた、という話はわりとよく知られていました。


そこで、他にもどのような本を読んでいたのか、弟のセルゲイ氏に話を聞いてみました。
彼らは年齢が7つも違うので、覚えていないこともあるようですが、はっきり認識しているのは、デュマの三銃士がとても好きだったということだそうです。
アリョーシャ少年は、タシケントにいた頃、「アトス」というニックネームまであったようです。

そういう話を聞いてみると、もう一度読んでみようかな、という気になりますね!



alexeifighting.jpg
posted by Murakami at 16:36| Comment(0) | 一般

2018年08月05日

スルタノフが使った楽譜の版

ピアノを弾かれる方にとって、曲を演奏をするときにどの楽譜を使うか、というのは大きなテーマです。そこで、興味深いのは、いったいスルタノフはどの版を使っていたかどうかです。

この謎を解明するためには、ご家族のもとに残された楽譜を整理する必要があります。
しかし、ショパンについて言えば、パデレフスキ版を使っていただろう、ということがわかっています。
そのヒントの1つとなったのが、ご家族から頂いたこちらの写真です。パデレフスキ版の即興曲の楽譜がピアノの上にあり、少なくとも所有していた、ということはわかります。
(なお、その後ろに重なって開かれている楽譜ですが、左側の音符の見えるページから推測すると、シューベルトの即興曲op.90-3の最後の1ページではないかと推測されます。op.90-4はスルタノフが晩年得意とした曲ですので、どちらかというとそちらのページを開いている、と解釈したほうがよさそうです。)

100_9153.JPG

さて、最近スルタノフの弟のセルゲイ氏と話す機会があったので、そこらへんについて聞いてみました。
やはり、ショパンについては、パデレフスキ版を使っていたと証言しています。(一方で、一部の演奏からは、必ずしもパデレフスキ版の音符通りに演奏していないことも確認されています。例:op.48-1など)

なお、楽譜の中身ですが、スルタノフはあまり楽譜に書き込みをするタイプではなく、唯一書き込んだであろう内容は、指づかいだそうです。また、ナウモフ先生はあまり書き込まないタイプであったそうで、もし激しい書き込みがあったとすれば、それはポポヴィッチ先生でしょう、ということです。

スルタノフが使った楽譜が実際どうだったかを調べるのは、現在のスルタノフ研究の重要なテーマの1つであり、是非将来的には実現したいところです。まずは、「ショパンはパデレフスキ版を使っていたのではないか」と知って頂ければよいかと思います。
posted by Murakami at 21:15| Comment(0) | 一般