2018年06月09日

スルタノフの演奏に見るホロヴィッツの影響(モーツァルト)

スルタノフの演奏を聴いていると、いたるところにホロヴィッツの影響を感じることが出来ます。本日はその1つをご紹介します。

スルタノフが演奏したモーツァルトの K.330 はクライバーンコンクールで演奏した 2, 3楽章が録音としては有名ですが、大変貴重な1楽章の録音も実は残っています。

以下の録音日時はあまりはっきりしませんが、情報を整理する限り1991年12月20日ギリシャのアテネ公演での録音の可能性が高いと判断しています。


この演奏は自由度が高く音楽の喜びが見事に表現された素晴らしい演奏で、是非多くの方に聴いて頂きたい演奏です。

ところで、スルタノフと K.330 といえば、1986年のホロヴィッツモスクワ公演で演奏を生で聴いて大きな刺激を受けたであると想像されます。その後、スルタノフは1989年にホロヴィッツの自宅を訪ねた時も、ホロヴィッツの前でこの曲を演奏しています。
そのホロヴィッツのモスクワ公演の演奏を聴いてみると、スルタノフがいかにこの演奏から影響を受けていたかがわかります。第2主題の入り方や、ドミナントコードの弾き方など、あちこちに感じることが出来ます。


特に特徴的なのは、トリルの弾き方です。スルタノフの演奏では最初に1:22あたりに出てくる以下の部分は、中でも特徴的です。ホロヴィッツに倣い、何ともお洒落な弾き方です。
Mozart-KV_330.png

スルタノフは好きな作曲家にモーツァルトをあげていましたが、この演奏を聴くと実によくわかりますし、他にも様々な録音を聴いてみたいと思わされます。

posted by Murakami at 11:29| Comment(0) | 演奏

2018年06月03日

スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツ編を弾く)

全4回で予定していた、スルタノフとホロヴィッツに関する連載の最後になります。過去のものはこちら。

スルタノフとホロヴィッツ(妻 Daceとの出会い編)
スルタノフとホロヴィッツ(ご対面編)
スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツのピアノ編)

さて、ホロヴィッツシリーズ4回目となる今回は、スルタノフとホロヴィッツ編曲作品についての関わりをご紹介します。
スルタノフが持っていたレパートリという点からは、以下のレパートリページとディスコグラフィページが参考になります。この中にも、ホロヴィッツという文字が見えます。
アレクセイ・スルタノフ ソロレパートリ
アレクセイ・スルタノフ ディスコグラフィ

スルタノフの演奏は、もちろんどの曲もホロヴィッツの影響を大きく受けているわけですが、まず最初にホロヴィッツの解釈にならって演奏された、といえるのは、1988-89年に演奏されているメフィスト・ワルツだと思います。以下の動画はクライバーン・コンクールのビデオ審査に提出したものですが、この後、コンクールで弾き、カーネギーホール公演を含む入賞者コンサートツアーで何度も弾き、さらにはホロヴィッツの目の前でも弾いています。


時間軸として、次にスルタノフが弾いたのは、ラフマニノフのソナタ2番のホロヴィッツ版になると思います。主に1996年の公演プログラムに使われましたが、それより前の1992年に2月にTELDECのベルリンのスタジオにて録音を行っています。


以下は1996年の東京公演になります。


その次にスルタノフが弾いたホロヴィッツ編は、リストのハンガリー狂詩曲第2番です。こちらは、1999年3月の日本公演で演奏しています。具体的にいつ頃から弾いていたかの記録はありませんが、1998年の7月頃から練習をしていたのではないかと言われています。


さて、その後スルタノフは2000年3月に行われたリガでのライブで、ハンガリー狂詩曲に加えて、カルメン変奏曲、結婚行進曲、死の舞踏と、4曲のホロヴィッツ編を披露しています。この3曲もレパートリとしては当時最新であったと推測されますが、この中ではカルメン変奏曲を一番最初にマスターしていたようです。1998年に行われたインタビューで、既にカルメンをレパートリにしていると答えたようですが、1999年公演ではアンコールを含めて一切披露していなかった点や、ホロヴィッツ編の多くの楽譜を1999年公演の中でファンから入手したのでは、という疑惑もあり、はっきりしないところもあります。いずれにせよ、これらはあっと言う間にレパートリになり、1999-2000年の公演で、母国ウズベキスタンや、モスクワ、リガなどで演奏しています。実現こそなりませんでしたが、ジャパン・アーツのアーツコアレーベルより、ホロヴィッツの編曲集の録音をリリースするという計画もありました。

これは 2000年にモスクワのグネーシンでのコンサートの貴重な映像です。カルメン変奏曲。


同じ日に演奏した、死の舞踏。


別の日(2000年3月のリガ公演)の録音より、結婚行進曲。


最後に、上記まではよく知られているのですが、さらに2000年4月に、スルタノフはフォートワースにてもう1曲、ホロヴィッツ作曲の「変わり者の踊り」を録音しています。
この録音は、ロシアなどで小さく流通されたという「Unpublished Sultanov」というCDの中に含まれました。


録音が残っているのは、今のところこれくらいです。
この他によく知られている話としては、以下があります。
1. リスト=ホロヴィッツのハンガリー狂詩曲第15番(ラコッツィ行進曲)はレコーディングこそ行われなかったが、既に練習には取り組んでいた。
2. ホロヴィッツ編曲の星条旗よ永遠なれ、は、本来アメリカ国籍取得記念セレモニーで演奏予定であったが、時期が延びてしまい、結果的には病後となった2004年に右手1本で "America the Beautiful" を演奏した。
その他、レパートリリストには、ハンガリー狂詩曲第19番のホロヴィッツ編も記載がありますが、こちらは情報はありません。

いずれにせよ、スルタノフが最も尊敬していたホロヴィッツの編曲も、多くの曲が無事に録音されていたことに感謝し、お楽しみ頂ければと思います!
posted by Murakami at 15:54| Comment(0) | 演奏

2018年05月06日

伝説のメフィストワルツ

大変有名な、スルタノフのクライバーン・コンクールでのメフィストワルツの演奏です。
演奏中に弦が切れてしまったことでも有名なのですが、ファンの間では、この演奏後のスルタノフがとったポーズがカッコいいということでも話題になっています。
cliburn1.jpg

さて、このシーンは、クライバーンコンクールのドキュメンタリーフィルム "Here to make music" に収録されています。

残念ながら、事実上市場にはほとんど出回っていないDVDですが、スルタノフに関連する内容の一部は以下の動画で見ることが出来ます。

最初に流れるモーツアルトも音楽の喜びにあふれていて素晴らしいですが、次のメフィストワルツも集中力の高い圧巻の演奏で、弦が切れたということもあり、大喜びするアメリカ人の聴衆も見ることが出来ます。この動画では、演奏の後半が少し紹介されているだけで、実際に弦がどこで切れたかを確認することが出来ません。

コンクールのライブCDには、この演奏全体が収録されていますが、こちらも残念ながら事実上流通していないと言えます。ジャケット写真でも有名になったCDです。

さて、では実際にこの演奏のどこでどの弦が切れたのか気になる方は、こちらをご確認下さい。

場所は前半です。1:25くらいから聴いて頂くと、その歴史的瞬間がおわかり頂けると思います。楽譜にすると以下です。頂点の音ではないですし、強烈なフォルテであったとしても運が悪かったのでしょう。
liszt3.jpg

スルタノフのメフィストワルツは、その独特な解釈、また人生の重要な場で弾かれている点(クライバーンコンクールのビデオ審査、クライバーンコンクールの伝説の演奏、そして、ホロヴィッツの前で演奏した曲目である)で、いろいろと研究の余地が多いところですが、YouTubeのコメントに「Greatest Mephisto ever」などとあるように、コンクールの場で、オリジナルの楽譜とは違った形で演奏するというチャレンジの中、聴衆を釘付けにする素晴らしい演奏です。

最後に、この演奏に関して否定的である意見もあることをご紹介しておきます。
以下の本は、1989年のクライバーン・コンクールをテーマに書かれた本ですので、もちろんスルタノフの話はたくさん出てきます。著者は音楽評論家の方によくあるように、スルタノフの演奏はお好みではなかったようです。なおこの本は現在 Amazonで41円ですので、ご興味があればお読み頂いてもよいかもしれません。
posted by Murakami at 14:04| Comment(0) | 演奏

2018年04月21日

スルタノフの3度は上手いのか

スルタノフといえば、やはり圧倒的なテクニックという印象があります。ピアノ演奏にはいろいろなテクニックがあり、スルタノフはオクターブの力強さやスピード感あふれるパッセージが印象的ですが、幻想即興曲に代表されるように、自ら進んで3度でいろいろと弾いているのでやはり上手なのでしょう。
既にスルタノフを代表する3度の技術が入った演奏をこれまで紹介してきましたが、もう少し比較しやすいものをご紹介してみます。

最初は、ショパンコンクールの1次予選で演奏した、ショパンのエチュード op.25-6 です。
スルタノフが残したショパンエチュードの録音は限定されているのですが、中でも op.25-6 の録音はこの1つしか残っていません。非常に貴重なものです。
以下はショパンコンクールで弾いたエチュード3曲の動画で、op.25-6 は2曲目(3:40頃)になります。

最近は op.25-6などの難曲をさらっと弾く若者もたくさんいるので、その技術の相対的な高さについてはちょっと判断が出来ません。ただ、1点ご紹介したいのは、スルタノフが病気で倒れた時に、スルタノフのオフィシャル掲示板に「私は1995年のショパンコンクールに出場していたのだが、あなたの op.25-6 を聞いて本当に圧倒されました」というコメントがかつてありました。ピアニストだからこそわかるものというのがあるのでしょう。
なお、このエントリの本題とは外れますが、このエチュードの動画を見ていると、なんといっても op.10-12 の革命のエチュードの演奏に圧倒されます。1次予選だというのに、演奏後もずっと終わらず幸せそうに拍手する聴衆たちをご覧下さい。最初に演奏された op.25-5 も本当に素晴らしいです。
ショパンコンクールの動画は、画質が悪いながらも手がよく見えますので、スルタノフの演奏するときの手や手首の使い方を学ぶのにとても参考になります。

もう1つご紹介したいのは、メンデルスゾーン=リスト=ホロヴィッツの結婚行進曲です。疲れも出てくるであろう後半に、見せ場の右手3度が登場します。腕自慢の若手がこの曲を弾くケースもよく見かけますが、ここの3度を苦しそうに弾いているのをみると、スルタノフのテクニックの凄さがわかると思います。
残念ながらこの曲を演奏した映像は残っていませんが、ライブでの興奮が伝わる録音が以下に残っています。2000年3月のリガでのコンサートの録音です。ラトビア共和国の首都リガはスルタノフ夫人出身の街でもあります。圧巻の3度が登場するのは4:35頃になりますが、結婚の喜びを表現した前半、官能表現豊かな中盤、そしてテクニック祭りの後半まで、是非全体を聞いていただき6分間の幸せを味わって下さい。
posted by Murakami at 09:58| Comment(0) | 演奏

2018年04月14日

スルタノフが弾く半音階スケール

スルタノフが弾くと、両手オクターブの半音階スケールはリストの半音階で弾いたり片手の半音階スケールは3度で弾いたり、という件をここまでご紹介してきましたが、では、普通に半音階スケールを演奏しているケースはあるのかと考えたくなります。
スルタノフのレパートリを見て考えた時に、スケルツォ2番や4番など、短いものは思いつきますが、1オクターブかそれ以上続くようなものをあったかなと考えると、なかなか思いつきません(幻想即興曲の長い下降は3度で弾いていることですし)。

そこで、レパートリとしては少し珍しいものですが、その中でばっちり弾いているものを1つ見つけたのでご紹介したいと思います。

モーツアルトの協奏曲第20番。第1楽章の後半(8:45頃から)と、カデンツァ(ベートーヴェン)の最後に半音階のスケールがありました。その部分は後半になるのですが、是非最初から聴くことをお勧めします。大変工夫満載で、恐れを知らぬ演奏です。少し攻めすぎに聞こえもしますが、「あっ、こんなことしている」と、工夫を楽しみながら、そして幸せを感じながら聴いて頂きたいです。(執筆現在、これほど極端な演奏でありながら Like が63件、そして dislike が0件というのは驚きです)


スルタノフはモーツアルトの協奏曲は20番を子供の頃からよく弾いており、10歳の時にウズベキスタン国立交響楽団との録音も残っています。日本公演では弾いた記録はないですが、海外ではアメリカ、ポーランド、ウズベキスタンでなど弾いていたようです。大人になってからの録音は、上記に加え、1999年4月9日、ポーランドのカトヴィッツェでの演奏(ポーランド国立放送交響楽団。指揮:Gaetano Delogu)があります(ポーランドのラジオで放送)。こちらもいつか再公開される日が来ればよいですね。

他にもスルタノフが長い半音階スケールをそのまま弾いている例はあるかもしれませんが、ぱっと思いつかないこともあり本日は、モーツアルトの20番の貴重な録音を紹介させて頂きました。
posted by Murakami at 12:44| Comment(0) | 演奏