2018年10月21日

Sultanov Encoresシリーズ、ショパンワルツ第7番(op.64-2)

Sultanov Encores シリーズの2つ目は、こちらのショパンのワルツ第7番です。
スルタノフは、1999年の日本公演で、本プログラムの中に入れると共に、アンコールでもこの曲をよく演奏しました。もちろんレパートリとしては古くからあり、11歳の時に弾いた記録なども残っていますが、デビュー後は主に1999年以降に弾いていました。

日本公演でもかなり積極的に弾いていましたが、NHKでの放映に入らなかったこともあり、YouTube時代が来るまで録音を聞ける機会がなかったかと思います。この録音が最初に出回ったのは、ロシアやポーランドでひっそりと出回っていた「Unpublished Sultanov」というアルバムに収録された演奏です。

このCDに含まれるものもそうですし、以下のYouTubeの演奏でも、1999年のザクレブ(クロアチア)の録音と書いてありますが、私の手元の "Unpublished Sultanov" に含まれている音源と比較すると、似てはいるものの、違う日の演奏にも見えます。
いずれにせよ、貴重なライブ録音になります。是非お楽しみ下さい。

スルタノフらしい軽快な速度で、1拍子で弾いているようにも感じ取れます。バスをオクターブ下げてみたり、内声を作ったり、装飾を入れたり、コントラストを出したりするのも、いかにもスルタノフらしい遊びです。この曲は歴史的にも数多くのピアニストがいろいろ弾いていますので、そうした影響もあるのではないかと思います。実際に11歳の時に弾いたという録音からも、子供の演奏とは思えぬ、大人びた音楽性が見られます。
1999年の来日をご存知の方は、懐かしくも思うでしょうし、是非楽しそうに弾くスルタノフの演奏姿を思い浮かべながらお楽しみ下さい。
posted by Murakami at 00:12| Comment(0) | 演奏

2018年10月13日

Sultanov Encoresシリーズ、スクリャービンエチュード(op.8-12)

YouTubeには、スルタノフの演奏がたくさん投稿されていますが、中には大変貴重なレパートリなども見つけることが出来ます。特に、アンコールレパートリには、日本公演でも定番のものから、演奏した事実を知らなかったものまで、様々が存在しており、大変貴重といえます。
スルタノフのご家族が "Sultanov Encores"シリーズとして、いくつかを公開して下さっていますが、そのタイトルがついていなくても貴重な録音がいろいろとありますので、そういうものをご紹介していきたいと思います。

今回は、スクリャービンのエチュード op.8-12 です。スルタノフは日本公演でも1999年はほぼ毎回このエチュードをアンコールに弾いていましたし、97年にも披露しています。1998年のチャイコフスキーコンクールでも弾きましたし、古くは14歳の時の録音も残っていますので、得意としてきたのだと思います。スルタノフが敬愛するホロヴィッツの得意レパートリということもあるでしょう。演奏解釈も、時代によっていろいろと変わっているのも興味深いです。

以下の音源は、1997年の大阪公演からのライブ録音です。大変素晴らしい演奏です。よく言われることですが、中間部の内声の出し方は、スルタノフ特有で大変魅力的です。強烈なフォルテと美しい弱音のコントラストがまた素晴らしいです。



演奏の最後には、待ちきれずにブラボーを叫んだ観客の声も入っています。
実はこの日の大阪公演(1997年3月30日ザ・シンフォニーホール)は、本当に特別な熱気に包まれており、アンコールの盛り上がりは異常でした。記憶が正しければ、3曲のアンコールを演奏し、会場に明かりがついて公演は終了になったはずですが、永遠に終わらない拍手と帰らない聴衆に対して、仕方ないなーとばかりに再度照明を落として2曲を追加で弾いたはずです。私も会場にいましたが、こんなことってあるのだな、と興奮しました。この録音も、その伝説の公演の一部と思うととても貴重であり、それをこうして聴くことが出来るのは大変嬉しいことです。
当ブログをお読み頂いている読者様の中にも、この日の公演に行かれた方はいらっしゃいますでしょうか。
posted by Murakami at 08:33| Comment(0) | 演奏

2018年09月16日

クライバーンコンクールファイナルのラフマニノフ

最近、ブログやTwitterなどのソーシャルメディアで、少しずつスルタノフの名前が出てきていることを嬉しく思っております。先日は、以下の記事で経営コンサル兼ピアニスト様が以下のような記事を投稿して下さいました。影響力のある方に取り上げて頂けることを嬉しく思います。

アレクセイ(アリョーシャ)・スルタノフというピアニスト(1)

この中で、紹介されている動画が「1989年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール、ファイナルでのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第1楽章」かどうかについての記載があります。これについて正確に記載されたものはないのですが、私が知っている限りの情報を組み合わせると、その答えは「Yes」だと思います。

スルタノフは、1989年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールのファイナルで、ショパンのピアノ協奏曲第2番と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を弾いています。以下のページでも紹介している次第です。
1989年第8回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール

スルタノフがコンクールで弾いたラフマニノフのピアノ協奏曲2番の演奏は、コンクールのオフィシャルドキュメンタリーフィルム「Here to make music」の中でも3楽章が紹介されています。

この時のコンクールについてを記載した「国際ピアノコンクール」という書籍によると、授賞式ではショパンの変ホ長調のワルツ(おそらく Op.18)と、ハ短調練習曲作品10(おそらくop.10-12)を弾いたということですし、これは本選の映像で間違いないと思います。(なお以下の本になりますが、この筆者はスルタノフの演奏をあまり評価していません)


このドキュメンタリーフィルム"Here to make music"の映像の一部、ラフマニノフの演奏シーンは、YouTubeでも確認することが出来ます。


オリジナルのブログ記事で言及されているラフマニノフの協奏曲の動画ですが、3楽章のカメラワークが、上記の公式ドキュメンタリーフィルムと完全一致しているので、コンクール提供の映像のフルバージョンと考えてよいと思います。このフルバージョンが、正式に販売されたり、公共放送で流れたことはないと思いますが、少なくともだいぶ以前からご家族には渡されていました。このフルバージョンは、当初ご家族から YouTube にアップされていましたし、また、ご家族からは親しい方々にDVDが配られていましたので、それらの動画ファイルがこの出典になっていると思います。
サービス開始当初のYouTubeは1つの動画あたり 10分の時間制約があったため、初期にアップされたスルタノフの動画は楽章の中で分割されており残念でしたが、最近、このブログでもご紹介した harmony14447さんが、全部をアップして下さいました。とても19歳の演奏とは思えない、大変立体的で説得力のある名演だと思います!お楽しみ下さい!
第1楽章:

第2楽章:

第3楽章:


最後はアメリカらしく、客席が爆発するような大拍手ですね!
posted by Murakami at 16:11| Comment(0) | 演奏

2018年07月14日

イタリア協奏曲

前回のブログでスルタノフが演奏したイタリア協奏曲の3楽章をご紹介しました。
今回は、1, 2楽章についてご紹介します。

スルタノフはクライバーンコンクールの予選で、イタリア協奏曲の1楽章を演奏しています。この演奏は、公式に発売されたCDやDVDには入っておらず幻だったのですが、実は録音は残っており、今は YouTube でその貴重な録音を聴くことが出来ます。
先日ご紹介したポゴレリッチフェスティバルでは全楽章弾いているのですが、1楽章の録音は不完全で残っているため、この1楽章のまともな録音はコンクールの録音だけ、といわれており、やはり大変貴重な録音になります。コンクールで弾いているとは思えない、元気いっぱいの若者的な表現になっています。


さて2楽章の録音ですが、私が知る限り、世の中にはポゴレリッチフェスティバルの録音と、あるコンサートでアンコールで弾いたときのことと、2つほど録音が残されてそうです。YouTube にはポゴレリッチフェスティバルの録音が残っているようでして、こちらを紹介させて頂きます。



以前あるピアニストの先生が、様々な録音をつめたものを順に聞いているうちに、あまりに色っぽいイタリア協奏曲の演奏が流れてつい手を止めて演奏者を確認したらスルタノフだった、という話を聞いたことがありますが、やはり独特の魅力にあふれた演奏だと思います。

お楽しみ下さい!
posted by Murakami at 07:34| Comment(0) | 演奏

2018年07月07日

スルタノフも間違える(バッハ:イタリア協奏曲第3楽章)

これは大変貴重な録音です。スルタノフが派手に間違えたのが記録されている、唯一の録音であると共に、バッハのイタリア協奏曲の3楽章の演奏の記録があるのはこの音源のみになるからです。

さて、その大変貴重な演奏はこちらになります。1989年のポゴレリッチフェスティバルでの演奏の録音と言われています。
何ともスルタノフらしい、幸せな始まり方ですが、途中で暗譜が数回怪しくなります。これで止まらず最後まで弾ききるのはさすがプロです。ともあれ、貴重な録音をお楽しみ下さい。


ところで、これはサイドエピソードですが、イタリアのピアニストで Sandro Russo という方がいます。日本でも、名前が知られた方です。
ある時、Sandro氏は突然のリクエストでこのイタリア協奏曲を本番で弾いたときに、悔いの残るミスをしたそうです。彼も実はスルタノフの演奏が好きで、よく聞いているそうですが、いろいろとスルタノフの音源をあさっているうちに、この音源に遭遇しました。Sandro氏曰く、このイタリア協奏曲を聴いていると、自分に弾き方が似ていると思ったそうですが、かつて自分が悔やまれるミスをしたところと同じところでスルタノフもミスしているのを聞いて、特別難しくもないにも関わらず何とも偶然だ、と思ったそうです。
スルタノフにインスパイアされたピアニストたちのこのようなエピソードもまた、興味深いと思います。
posted by Murakami at 11:01| Comment(0) | 演奏