2019年01月20日

デビュー公演について

以前、モーツァルトの K.382 の録音をご紹介しましたが、この曲目はスルタノフのデビューでもあります。

YouTube上に少年時代のスルタノフが演奏した録音がありましたので、それをご紹介したいと思います。


実はこの録音は、私もCDでご家族より、まだYouTubeが存在しなかった頃に頂きました。スルタノフのご家族は過去の録音をプライベートCD化されており、弟さんや奥様が配られています。私の手元には、両方の版があるのですが、奥様から頂いたCDの写真も折角ですのでご紹介したいと思います。

DebutCD.jpeg

ところで、スルタノフがこの曲でデビューしたのは 1977年5月であり7歳の時だったと知られていますが、このCDやYouTubeには8歳という記載があります。この5月のデビューについてご家族が録音を持っているのは間違いないのですが、この公開音源なのかどうかは定かではありません。おそらく、記載の誤りで、この録音は1977年5月の演奏、つまり7歳の時の演奏ではないかと思います。指揮者はV. A. Belenky.の可能性が高いと見ています。

この録音は現在デジタル化されて残されているスルタノフの録音の中で、最も古いもののはずです。まだナウモフ先生とは出会う前で、ポポヴィチ先生からたたき込まれたピアニズムと、持って生まれた音楽性のみで出来上がった演奏です。是非お楽しみ下さい。
posted by Murakami at 00:18| Comment(0) | コンサート

2018年12月23日

Tribute to Sutlanov Vol.5 のお知らせ

このたび、スルタノフ記念コンサートを実施することになりましたので、お知らせいたします。
過去に何度も実施している、「Tribute to Sultanov」シリーズですが、2019年はホロヴィッツ没後30周年、そしてスルタノフ生誕50周年でもあり、また主演のピアニスト今泉響平さんが、それにちなんだCDを発売される予定もあるため、それを記念する形でコンサートを開催します。スルタノフ編、ホロヴィッツ編満載の貴重なコンサートになると思いますので、スルタノフファンや今泉ファンはもちろんのこと、ホロヴィッツファンや、超絶技巧編曲ファン、ロシアピアニズム愛好家など、幅広いお客様に来て頂けると嬉しいです。

コンサート紹介ページ⇒http://www.alexeisultanov.jp/concert/20190331.html

20190331a-1.jpg

以下コンサートの詳細です。

公演タイトル:Tribute to Sultanov Vol.5 〜今泉響平 CD発売記念リサイタル〜
- ホロヴィッツ没後30周年・スルタノフ生誕50周年 -

日時: 2019年3月31日(日) 18:40 開場 19:00 開演
会場: MUSICASA(小田急線代々木上原駅 徒歩4分)
前売:3,000円 当日:3,500円 全席自由

出演
ピアノ:今泉 響平
トーク:村上 雄介

主催: アレクセイ・スルタノフ支援会
後援:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、響企画、MPM企画
チケット申し込み専用サイト:PC用 / Mobile用
お問い合わせ: concert@alexeisultanov.jp

■プログラム
F.シューベルト:4つの即興曲Op.90より第3曲 変ト長調
F.シューベルト:4つの即興曲Op.90より第4曲 変イ長調 (A.スルタノフ版)
F.リスト=V.ホロヴィッツ:ハンガリー狂詩曲第2番 S.244/2 (A.スルタノフ版)
F.リスト=V.ホロヴィッツ:巡礼の年報 第1年 「スイス」S.160より第6曲 「オーベルマンの谷」
F.リスト=V.ホロヴィッツ:2つの伝説 S.175より第2曲 「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」
M.ムソルグスキー=V.ホロヴィッツ:展覧会の絵

曲目・曲順が変更になる場合がございます。

(参考動画:リスト=ホロヴィッツ(スルタノフ編)を演奏する今泉氏)
posted by Murakami at 18:17| Comment(0) | コンサート

2018年07月30日

アレクセイ・スルタノフ記念コンサートのご紹介

2018年8月3日(金)に、東京文化会館小ホールで「アレクセイ・スルタノフ記念コンサート」が開催されます。こちらのコンサートの企画は、「スルタノフ」と名前はついておりますが、私およびその組織とは関係がありません。ただ、演奏者への応援を含めて、当ブログでもご紹介させて頂きます。

東京文化会館 | Tokyo Bunka Kaikan アレクセイ・スルタノフ記念コンサート

まず最初に、上記東京文化会館の公演情報のリンク先は、何故か私が管理する「http://www.alexeisultanov.jp/index.html」になっておりますが、このコンサートに関しては無関係ですのでご理解頂きたいと思います。

さて、こちら 8月3日のコンサート、私は外部のものですので、コンサートのアピールポイントなどはわかりませんが、もしスルタノフファン(アレクセイ)の方がいらっしゃるとしたら、ここらへんが楽しむポイントになると個人的には思います。
1. 演奏する、セルゲイ・スルタノフ氏は、アレクセイ氏の実の弟であり、スルタノフ家の血を引いている。
2. セルゲイ氏は、演奏スタイルは兄とはだいぶ異なりますが、容姿と弾く姿はかなりビジュアル的に近いものがあり、アレクセイの演奏姿を見たことがある人には、それだけでも感激出来るかもしれない。既に来日して、一生懸命練習しているようです。なお演奏シーンは、以下のYouTubeビデオでも確認することが出来ます。

3. 今回出演される、伊賀&山口デュオは、昔よりスルタノフに敬意を示してくれており、演奏への影響はもちろんのこと、「アレクセイ・スルタノフ記念コンサート」という名前の意味を理解して、選曲から演奏までして下さるはずです。

ご興味がある方は、是非応援してあげて下さい。
posted by Murakami at 00:38| Comment(0) | コンサート

2018年04月29日

スルタノフのコンサート履歴の詳細

スルタノフのコンサート履歴について、日本公演の詳細については、当ホームページのプロフィールページの中の「来日記録」にてご紹介してきました。こちらを見て頂ければ、1991年、1996年、1997年、1999年の4回の来日公演の状況が、曲目付きでどういう形であったかがわかると思います。

では、世界中をどう演奏活動していたか、というと、スルタノフの弟のセルゲイ氏が作成された大変素晴らしいサマリーがあります。ロシア語のサイトなのですが、このコンサート履歴ページは英語で書かれており、多くの方にご理解頂けると思います。以下のページになります。

Архив | Сайт памяти Алексея Султанова

ここに掲載されている履歴は 1989年-1998年までの内容で、期間が限定されているのですが、非常に細かいレベルで日々の活動の内容が網羅されています。特に、クライバーンコンクール終了後からショパンコンクールまでの間の活動は、コンクール優勝者としての演奏ツアー、さらに複数レコーディングが行われたという程度しか知られていませんでしたが、このページを見ればコンサートや録音などほぼ全ての活動を確認することが出来ます。
例えば、重要な日付として、スルタノフがニューヨークでホロヴィッツと出会ったという歴史的な日は、1989年7月27日であるとはっきりと記載されています。
日本人にとって気になるところでは、例えば 1997年10月4日に、ダラスで尾崎豊のピアノアルバムをレコーディングしていることもわかります。


スルタノフがどのような演奏旅行を行ってきたかの詳細が気になる方は、是非アクセスしてみて下さい。
新しい気づきがいろいろとあると思います。
posted by Murakami at 17:19| Comment(0) | コンサート

2018年04月18日

フォートワースで Alexei Sultanov Tribute Concert が開かれます

2018年5月8日(火)に、テキサス州フォートワースで、スルタノフの記念コンサートが行われるとのことですので、ご紹介致します。

Alexei Sultanov Tribute Concert with Cellist Dace Sultanov & Organist Peggy Graff - First United Methodist Church of Fort Worth

Cellist Dace Sultanov & Organist Peggy Graff となっておりますが、チェリストの Dace さんは、日本でも何度か演奏会を開かれて有名なスルタノフ夫人です。ホロヴィッツのモスクワ公演でのスルタノフとの有名な出会いの話からも想像出来るように、モスクワ音楽院でチェロを勉強されたチェリストです。スルタノフと2人で共演するコンサートの話なんかも、1990年代にあったようです。

共演のオルガンのPeggy Graffさんは、オルガンとピアノを専門にされる音楽家で合唱の分野でも活躍されているようです。ご主人様が教会で牧師をされていることから、教会音楽でもご活躍のようで、今度の演奏会も教会で行われるようですからきっと素晴らしいコンサートになることでしょう。

コンサートの開催地のフォートワースは、スルタノフがクライバーンコンクールで優勝した地でもあり、ホストファミリーのWilcox夫妻を筆頭に多くの方々から愛されて暮らした地です。いまだにDaceさんはスルタノフが購入してくれた、という家に住んでいます。

素晴らしい演奏会となり、スルタノフの力強い魂がよみがえる、そんなコンサートとなることを日本からお祈りしましょう。もちろん、テキサス州にいらっしゃるかたは是非応援に行ってあげて下さい!
posted by Murakami at 23:19| Comment(0) | コンサート