2019年08月18日

ピアニストの紹介 (5) 山口紺碧さん

8/31のスルタノフ記念コンサートで演奏するピアニスト紹介の最後です。当日、夜の部で演奏する4組のピアニストはご紹介済ですが、スルタノフを敬愛する学生たちを集めた昼の部では、特別ゲストとして、モスクワ音楽院研究科に在籍中の、山口紺碧さんに演奏して頂くのでご紹介したいと思います。

山口さんは、モスクワ音楽院に現在留学中、なんといってもそのモスクワ生活の生生しい日常を綴ったブログ「モスクワ音楽院留学記〜アーニャちゃんの行き当たりばったりЖИЗНЬ〜」は、ロシア留学経験のない人たちにとって、余計な飾りのないストレートな情報として大変参考になります。
また、今年の6月に開催された、チャイコフスキーコンクールはピアノ部門をほぼ全て鑑賞された上で、レポートなども書かれています。プロフェッショナルな内容は、こちらの note 「アーニャ/Ао Yamaguchi 」で記事を書かれています。
スルタノフについても、このように記事を書いています。
6月30日はアレクセイ・スルタノフの命日です|アーニャ/Ао Yamaguchi|note
この記事で
「スルタノフの演奏ばかり聴いていたせいで、ラフマニノフの2番ソナタは1913年版でも1931年版でもなくてホロヴィッツ(=スルタノフ)版でないと違和感を感じてしまうようになってしまっていた。」
とありますが、コンサート当日も、ラフマニノフのソナタ2番を演奏予定です。スルタノフ版になるのでしょうか、是非お楽しみ下さい!江本さんのご紹介にも書きましたが、ラフマニノフのソナタについて予習しておくと、より楽しめると思います。



なお、山口さんは作曲もされ、モスクワの演奏会でも、作品を披露されています。
今回の演奏会にあわせて・・・などもあるかもしれません。

当日の昼の部は、13:00開演で、ワンコインで入場出来ます。終演は16:30程度を予定しております。山口さんの演奏は、16:00前後になるかと思います。
山口さんの演奏はもちろんのこと、昼の部は、スルタノフのことを思いながら、幅広いレパートリが多くのピアニストによって紹介されるので、楽しい時間になると思います。是非お越し下さい。夜の部は 17:30開場/18:00開演になります。市ヶ谷駅近辺には、マクドナルドやモスバーガーなど休憩する場所もありますので、そのまま夜の部も来て頂けると、スルタノフも喜ぶと思います。
posted by Murakami at 16:55| Comment(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: