2019年07月29日

8/31(土)のスルタノフ記念コンサートについて

2019年8月31日(土)に、スルタノフ生誕50周年を記念したコンサートを開催いたします。場所は市ヶ谷にある、ルーテル市ヶ谷になります。現在、最終調整中で、近日中にご案内出来ると思います。

今回は第1部(13:00予定)と第2部(18:00予定)の2部構成を考えており、1部ではスルタノフを敬愛する学生を中心としたコンサート、2部はスルタノフに影響を受けたプロのピアニストによるコンサートという内容を考えています。

そこで、その日演奏されそうな曲目から、スルタノフの演奏を少しご紹介してみたいと思います。

まずは定番ですが、ショパンのノクターン。スルタノフのレパートリにショパンのノクターンは2曲+1くらいありますが、この13番は有名ですね。


バラード4番も誰かが演奏するのではないかと思います。スルタノフはバラード1番も弾いていますが、4番のほうがトレードマークというかんじですね。


ロシアものも得意にしていましたね。スクリャービン、プロコフィエフ、などありますが、こちらの動画はラフマニノフのソナタです。ホロヴィッツ版というかスルタノフ版というか。


スルタノフ自身はあまりバッハを弾きませんが、こういう記念コンサートでバッハを弾くと、天国と通信出来そうです。


おまけです。


もちろん、スルタノフのレパートリに入っていなかったけど、きっと喜ぶだろうという音楽もたくさん飛び出ると思います。

是非、8/31(土)は、スルタノフの生誕50周年のお祝いに、ルーテル市ヶ谷にお越し下さい。
posted by Murakami at 00:14| Comment(2) | コンサート
この記事へのコメント
こんにちは。
最近こちらを訪問できていませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
で、記念コンサートのお知らせが…

遠方なので行くことは叶いそうにないのですが、コンサートの詳細の記事楽しみにしています。
スルタノフ氏のピアノは毎日飽きもせず
拝聴しています(笑)

バッハのイタリアン協奏曲好きです!
あと、クライバーンコンクールでは
ショパンのエチュード25-12を演奏したんですね!最近見つけることができました。
スルタノフ氏のスケルツォも好きなので
誰か演奏していただけたら。にこにこ
Posted by ひな at 2019年08月13日 13:08
ありがとうございます。今回は生誕50周年なのでお祭り風にしてみました。
バッハのイタリア協奏曲は貴重な録音ですが、1989年頃に演奏していました。かろうじて全楽章残っていてよかったです。
ショパンのOp.25-12はクライバーンでのライブ録音があるのみで、こちらも貴重です。荒々しい大洋ですね。
Posted by Murakami at 2019年08月13日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: