2019年02月24日

ショパン:ノクターン第9番 op.32-1

スルタノフが演奏するノクターンと言えば、1995年のショパンコンクールや日本公演でも演奏した13番が圧倒的に知られています。その中で、実は残された音源の中に1つだけまぎれて、ノクターンの9番が演奏されているものがあります。非常に貴重な録音です。



このYouTubeの動画には1984年、15歳の時、という記載がありますが、私はこれについて確信はありません。
間違いないのは、「現カザフスタンのアルマトイ(当時のアルマ・アタ)」での公演で、おそらくチャイコフスキーの協奏曲を弾いた時のアンコールではないか、と思っています。また、クライバーンでのデビュー後にカザフスタン公演を行った記録はないので、1984年というのも根拠があるのかもしれません。

なお、スルタノフはパデレフスキ版の楽譜でショパンを弾いていた、と言われていますが、ここの小節は少し変えてCisを再度弾いています。世の中には、この録音のような楽譜も存在しているため、ひょっとするとソ連時代の楽譜の影響であったり、ナウモフ先生の指導であったり、背景があるのかもしれません。
また、最後に突然でてくるG7 も、ppではなくfで弾いており、そこも興味深いです。
Nocturne32-1.png
posted by Murakami at 11:30| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: