2019年01月20日

デビュー公演について

以前、モーツァルトの K.382 の録音をご紹介しましたが、この曲目はスルタノフのデビューでもあります。

YouTube上に少年時代のスルタノフが演奏した録音がありましたので、それをご紹介したいと思います。


実はこの録音は、私もCDでご家族より、まだYouTubeが存在しなかった頃に頂きました。スルタノフのご家族は過去の録音をプライベートCD化されており、弟さんや奥様が配られています。私の手元には、両方の版があるのですが、奥様から頂いたCDの写真も折角ですのでご紹介したいと思います。

DebutCD.jpeg

ところで、スルタノフがこの曲でデビューしたのは 1977年5月であり7歳の時だったと知られていますが、このCDやYouTubeには8歳という記載があります。この5月のデビューについてご家族が録音を持っているのは間違いないのですが、この公開音源なのかどうかは定かではありません。おそらく、記載の誤りで、この録音は1977年5月の演奏、つまり7歳の時の演奏ではないかと思います。指揮者はV. A. Belenky.の可能性が高いと見ています。

この録音は現在デジタル化されて残されているスルタノフの録音の中で、最も古いもののはずです。まだナウモフ先生とは出会う前で、ポポヴィチ先生からたたき込まれたピアニズムと、持って生まれた音楽性のみで出来上がった演奏です。是非お楽しみ下さい。
posted by Murakami at 00:18| Comment(0) | コンサート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: