2019年01月02日

2019年、今年もどうぞよろしくお願いいたします

スルタノフブログを応援して下さっている皆様へ。
毎週このブログをお読み頂きまして、どうもありがとうございます。昨年より始めたこのブログですが、多くの方の応援によって1年間継続することが出来ました。

スルタノフは1969年生まれですので、2019年は生誕50周年となる記念すべき年でもあります。
私たちスルタノフ支援会も、それを盛り上げるために、このブログを書くことの他にも、スルタノフを深く知ってもらうための企画を実現していこうと思っています。

【コンサート企画(その1)】
今年の3月31日(日)には、以下のコンサートを開催する予定でいます。
Tribute to Sultanov Vol.5 〜今泉響平 CD発売記念リサイタル〜
スルタノフが得意としたホロヴィッツ編のレパートリを中心に、記念イヤーを盛り上げる熱いコンサートを目指します。チケットは現在予約開始しておりますので、お気楽にご連絡下さい。

【コンサート企画(その2)】
8月31日(土)には、都内でスルタノフ生誕50周年を記念するコンサート・イベントを開催したいと検討中です。スルタノフに関連するピアニストによる、ガラコンサートにしたいと考えています。
詳細はいずれこのブログでもご紹介したいと思いますが、もしご興味がある方は手帳に日程を記載しておいて頂けるとありがたいです。

【ファンの交流会】
以前はやっていたのですが、コンサートとは別に、ファンが交流できる場をまた作ろうか、とも考えています。もし希望される方が多ければ前向きに検討してみようと思いますので、お声をかけて下さい。
実施する場合は、8月中にやりたいと考えています。

【スルタノフに関する質問募集】
スルタノフについて、こんなことを知りたい、というのがあれば、ゴシップ的な話から、専門的な話まで何でもお問い合わせ下さい。もちろん私たちが回答出来ないことはたくさんありますが、ご家族などに確認することは出来ます。
どういう幼少期を過ごして、どのような練習をするとああいうピアニストが出来るのか、など、少しずつ解明していきたいと思います。


スルタノフが最後に来日したのは1999年ですので、今年は生演奏を最後に聞いてから20年がたつことになります。昨年もいろいろな方とお話をさせて頂きましたが、スルタノフを知っている、覚えているという方も多いですし、中には、1995年のショパンコンクールを現地で聞いたという方とまでお会いすることが出来ました。予選で弾いたワルツ1番を今でもよく覚えています、と幸せそうにおっしゃってくれて、こちらも嬉しい思いでした。

メモリアルイヤーとなる今年も、引き続きまして応援をどうぞよろしくお願いいたします。
48392125_2376398409313081_6467690744516706304_n.jpg
posted by Murakami at 16:08| Comment(3) | お知らせ
この記事へのコメント
こんばんわ。

ワルツの1番…わたしも小学生の時に
弾きました。
でも、ショパンコンクールでの
スルタノフ氏のワルツは衝撃的でした。
弾いたことがあるからこそ
スルタノフ氏の表現力の素晴らしさに
身震いしました。
さすがでした!聴衆がまだ一曲残してるのに思わず拍手をしてしまう気持ちわかります。
そこからのポロネーズ。
もうなんて言葉にしていいのか…
これはもう拍手が鳴りやまないですょね!
ペダル操作が絶妙で、音が濁らない。
ポロネーズに限りではありませんが
この"英雄"はいろんな方が音源を残しているので、やっぱり聴きくらべてしまいまして
ペダルに頼りすぎて音が濁る演奏が
多いような気がします。
まぁ、私がスタルノフ氏の"ピアノの音"が好きなので、贔屓目になっているのでしょうか(笑)
コンクールで弾いた順に聴くのが好きです。
その時の臨場感を是が非でも味わいたくて(笑)
Posted by ひな at 2019年04月09日 00:26
コメントありがとうございます。
スルタノフのワルツ1番お好きなんですね。私もこの曲に限った話ではないですが、3拍子を弾く時の拍の取り方が非常に好きです。
ポロネーズも素晴らしいですね。スルタノフファンでなかったとしても、現地で鑑賞した人は、忘れられない演奏と言っていました。
2次予選はバラバラの曲を弾きますが、順番も大事ですね!こだわって聞いて下さっていて、嬉しいです!!
Posted by Murakami at 2019年04月13日 15:16
YouTubeのバラバラになっている音源を
予選から本選まで順番に聴くと
(YouTubeでも探しきれてない音源も
ありますが)
なんだか、自分もその場にいて聴いているような、スルタノフ氏の表情とか曲と曲との間合いとかが感じられて
私の好きな聴き方です。

あと、本選の二番を弾いているスルタノフ氏の横顔の向こうに見える聴衆の中の男性の一人に釘付けです。
凄く幸せそうにスルタノフ氏の二番を聴いてるんです。
"あぁ…私もこんな風に聴きたかった"と
いう思いです(笑)
Posted by ひな at 2019年04月27日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: