2018年11月17日

Sultanov Encoresシリーズ、ショパン 小犬のワルツ

Sultanov Encores シリーズの公式編(YouTubeのタイトルにそう記載されたもの)はこれが最後です。
嬉しいことに、こちらも1997年の大阪公演の録音になります。



なんとも幸せな演奏であることが、よく伝わると思います。
そして、この曲を知っている人にとっては、ところどころ「あれっ」と思うところがあります。
例えば、再現部に入る直前のこの4小節。右手の音が、楽譜とはちょっと違うのを感じることが出来るかと思います。
Chopin641.png
他にも、いろいろと工夫があるので、それらを感じながら聴いてみると楽しいかと思います。

さて、この曲は、スルタノフの定番のアンコールレパートリです。特に1997年の来日公演で多用された印象があります。一方で、国内で販売されたスルタノフ・プレイズ・ショパンのCDには入らず、ロシアで出回った"Unpublished Sultanov" には入ったものの、日本までは出回らず、再び聞きたいと思っていたファンも多いはず。
このように、YouTubeで共有されるようになり、本当にファンにとっては素晴らしい時代になりました。

この残された貴重な録音となった小犬のワルツを是非お楽しみ下さい!
posted by Murakami at 21:14| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: