2018年10月21日

Sultanov Encoresシリーズ、ショパンワルツ第7番(op.64-2)

Sultanov Encores シリーズの2つ目は、こちらのショパンのワルツ第7番です。
スルタノフは、1999年の日本公演で、本プログラムの中に入れると共に、アンコールでもこの曲をよく演奏しました。もちろんレパートリとしては古くからあり、11歳の時に弾いた記録なども残っていますが、デビュー後は主に1999年以降に弾いていました。

日本公演でもかなり積極的に弾いていましたが、NHKでの放映に入らなかったこともあり、YouTube時代が来るまで録音を聞ける機会がなかったかと思います。この録音が最初に出回ったのは、ロシアやポーランドでひっそりと出回っていた「Unpublished Sultanov」というアルバムに収録された演奏です。

このCDに含まれるものもそうですし、以下のYouTubeの演奏でも、1999年のザクレブ(クロアチア)の録音と書いてありますが、私の手元の "Unpublished Sultanov" に含まれている音源と比較すると、似てはいるものの、違う日の演奏にも見えます。
いずれにせよ、貴重なライブ録音になります。是非お楽しみ下さい。

スルタノフらしい軽快な速度で、1拍子で弾いているようにも感じ取れます。バスをオクターブ下げてみたり、内声を作ったり、装飾を入れたり、コントラストを出したりするのも、いかにもスルタノフらしい遊びです。この曲は歴史的にも数多くのピアニストがいろいろ弾いていますので、そうした影響もあるのではないかと思います。実際に11歳の時に弾いたという録音からも、子供の演奏とは思えぬ、大人びた音楽性が見られます。
1999年の来日をご存知の方は、懐かしくも思うでしょうし、是非楽しそうに弾くスルタノフの演奏姿を思い浮かべながらお楽しみ下さい。
posted by Murakami at 00:12| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: