2018年09月16日

クライバーンコンクールファイナルのラフマニノフ

最近、ブログやTwitterなどのソーシャルメディアで、少しずつスルタノフの名前が出てきていることを嬉しく思っております。先日は、以下の記事で経営コンサル兼ピアニスト様が以下のような記事を投稿して下さいました。影響力のある方に取り上げて頂けることを嬉しく思います。

アレクセイ(アリョーシャ)・スルタノフというピアニスト(1)

この中で、紹介されている動画が「1989年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール、ファイナルでのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第1楽章」かどうかについての記載があります。これについて正確に記載されたものはないのですが、私が知っている限りの情報を組み合わせると、その答えは「Yes」だと思います。

スルタノフは、1989年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールのファイナルで、ショパンのピアノ協奏曲第2番と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を弾いています。以下のページでも紹介している次第です。
1989年第8回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール

スルタノフがコンクールで弾いたラフマニノフのピアノ協奏曲2番の演奏は、コンクールのオフィシャルドキュメンタリーフィルム「Here to make music」の中でも3楽章が紹介されています。

この時のコンクールについてを記載した「国際ピアノコンクール」という書籍によると、授賞式ではショパンの変ホ長調のワルツ(おそらく Op.18)と、ハ短調練習曲作品10(おそらくop.10-12)を弾いたということですし、これは本選の映像で間違いないと思います。(なお以下の本になりますが、この筆者はスルタノフの演奏をあまり評価していません)


このドキュメンタリーフィルム"Here to make music"の映像の一部、ラフマニノフの演奏シーンは、YouTubeでも確認することが出来ます。


オリジナルのブログ記事で言及されているラフマニノフの協奏曲の動画ですが、3楽章のカメラワークが、上記の公式ドキュメンタリーフィルムと完全一致しているので、コンクール提供の映像のフルバージョンと考えてよいと思います。このフルバージョンが、正式に販売されたり、公共放送で流れたことはないと思いますが、少なくともだいぶ以前からご家族には渡されていました。このフルバージョンは、当初ご家族から YouTube にアップされていましたし、また、ご家族からは親しい方々にDVDが配られていましたので、それらの動画ファイルがこの出典になっていると思います。
サービス開始当初のYouTubeは1つの動画あたり 10分の時間制約があったため、初期にアップされたスルタノフの動画は楽章の中で分割されており残念でしたが、最近、このブログでもご紹介した harmony14447さんが、全部をアップして下さいました。とても19歳の演奏とは思えない、大変立体的で説得力のある名演だと思います!お楽しみ下さい!
第1楽章:

第2楽章:

第3楽章:


最後はアメリカらしく、客席が爆発するような大拍手ですね!
posted by Murakami at 16:11| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: