2018年06月30日

スルタノフの音源の探し方

スルタノフの録音というのは、活動期間の短さや、ソーシャルメディア時代に間に合わなかったということもあって、かなり限定されるのですが、それでも一般の人が思っているよりも多くのものがあります。今回は、そのような録音の探し方を少しご紹介します。

まず、公式販売されている CD や DVD などは、確認出来る全てのものをこちらにまとめています。
アレクセイ・スルタノフ ディスコグラフィ
その上で、少しレアな音源の探し方を共有します。

録音を探すとなると、どうしてもYouTubeになるので、まず一番はそこで検索してみるということです。こちらのスルタノフ本でも、そのようなやり方を推奨しています。


ただ、実はこの方法では見つけられない貴重な音源もあります。その簡単な方法をご紹介します。
見つけられない理由の多くは、もともとmp3ファイルだったものをアップロードしているからなのですが、ファイル名に「_(アンダースコア)」が使われており、YouTubeの検索ではアンダースコアがセパレータとして機能しないので引っかからないのです。

可能な限り、全てのスルタノフの音源を確認していきたい、という場合は、スルタノフの音源をアップロードしているアカウントの動画リストを眺めることをお勧めします。
YouTubeにあるスルタノフの音源は、事実上3人によってアップしているものが全てで、残りのものは、それらから派生したもの、もしくは同じソースを使ったものです。彼ら3人は、何が貴重な動画かを明確に理解しており、そういうものを逃さずに公開しています。

1. アカウント:carevnarakuna
このアカウントは、スルタノフ夫人、Daceさんが管理するもので、事実上スルタノフ公式と言えます。
有名なものも多くありますが、一部大変非常に貴重なものなどを含みます。有名なヴァン・クライバーンの予備予選で使われたメフィストワルツの動画なども、彼女が公開してくれたおかげで、こうして皆の目に触れることになりました。

なんといっても、"SULTANOV Encores"シリーズが、大変貴重です。

2. アカウント:Wolfgang527
このアカウントは、ロシアのピアニスト、Andrey Denisenko さんのものと言われています。
一部スルタノフとは無関係のものを含みますが、ほとんどはスルタノフに関係するものです。

3. アカウント:harmony14447 - YouTube
このアカウントは Elena さんという方のものと言われています。前回紹介した、モーツアルトのK.330の貴重な音源も彼女のアカウントで共有されているものです。

この3つのアカウントの動画を見てみると、これまで知らなかったスルタノフの動画/音源を見れるかもしれません。
動画もたくさんありますので、どの動画が貴重なのか、というのもこのブログで今後ご紹介していきたいと思います。

なお、これらの音源は、プライベートに録音されたものを含むと思いますが、スルタノフのご家族は世界中からこうした音源を探されています。スルタノフの日本での活動の中で、もしお手持ちの音源や写真などがありましたら、是非お知らせ下さい。
posted by Murakami at 11:06| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: