2018年06月03日

スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツ編を弾く)

全4回で予定していた、スルタノフとホロヴィッツに関する連載の最後になります。過去のものはこちら。

スルタノフとホロヴィッツ(妻 Daceとの出会い編)
スルタノフとホロヴィッツ(ご対面編)
スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツのピアノ編)

さて、ホロヴィッツシリーズ4回目となる今回は、スルタノフとホロヴィッツ編曲作品についての関わりをご紹介します。
スルタノフが持っていたレパートリという点からは、以下のレパートリページとディスコグラフィページが参考になります。この中にも、ホロヴィッツという文字が見えます。
アレクセイ・スルタノフ ソロレパートリ
アレクセイ・スルタノフ ディスコグラフィ

スルタノフの演奏は、もちろんどの曲もホロヴィッツの影響を大きく受けているわけですが、まず最初にホロヴィッツの解釈にならって演奏された、といえるのは、1988-89年に演奏されているメフィスト・ワルツだと思います。以下の動画はクライバーン・コンクールのビデオ審査に提出したものですが、この後、コンクールで弾き、カーネギーホール公演を含む入賞者コンサートツアーで何度も弾き、さらにはホロヴィッツの目の前でも弾いています。


時間軸として、次にスルタノフが弾いたのは、ラフマニノフのソナタ2番のホロヴィッツ版になると思います。主に1996年の公演プログラムに使われましたが、それより前の1992年に2月にTELDECのベルリンのスタジオにて録音を行っています。


以下は1996年の東京公演になります。


その次にスルタノフが弾いたホロヴィッツ編は、リストのハンガリー狂詩曲第2番です。こちらは、1999年3月の日本公演で演奏しています。具体的にいつ頃から弾いていたかの記録はありませんが、1998年の7月頃から練習をしていたのではないかと言われています。


さて、その後スルタノフは2000年3月に行われたリガでのライブで、ハンガリー狂詩曲に加えて、カルメン変奏曲、結婚行進曲、死の舞踏と、4曲のホロヴィッツ編を披露しています。この3曲もレパートリとしては当時最新であったと推測されますが、この中ではカルメン変奏曲を一番最初にマスターしていたようです。1998年に行われたインタビューで、既にカルメンをレパートリにしていると答えたようですが、1999年公演ではアンコールを含めて一切披露していなかった点や、ホロヴィッツ編の多くの楽譜を1999年公演の中でファンから入手したのでは、という疑惑もあり、はっきりしないところもあります。いずれにせよ、これらはあっと言う間にレパートリになり、1999-2000年の公演で、母国ウズベキスタンや、モスクワ、リガなどで演奏しています。実現こそなりませんでしたが、ジャパン・アーツのアーツコアレーベルより、ホロヴィッツの編曲集の録音をリリースするという計画もありました。

これは 2000年にモスクワのグネーシンでのコンサートの貴重な映像です。カルメン変奏曲。


同じ日に演奏した、死の舞踏。


別の日(2000年3月のリガ公演)の録音より、結婚行進曲。


最後に、上記まではよく知られているのですが、さらに2000年4月に、スルタノフはフォートワースにてもう1曲、ホロヴィッツ作曲の「変わり者の踊り」を録音しています。
この録音は、ロシアなどで小さく流通されたという「Unpublished Sultanov」というCDの中に含まれました。


録音が残っているのは、今のところこれくらいです。
この他によく知られている話としては、以下があります。
1. リスト=ホロヴィッツのハンガリー狂詩曲第15番(ラコッツィ行進曲)はレコーディングこそ行われなかったが、既に練習には取り組んでいた。
2. ホロヴィッツ編曲の星条旗よ永遠なれ、は、本来アメリカ国籍取得記念セレモニーで演奏予定であったが、時期が延びてしまい、結果的には病後となった2004年に右手1本で "America the Beautiful" を演奏した。
その他、レパートリリストには、ハンガリー狂詩曲第19番のホロヴィッツ編も記載がありますが、こちらは情報はありません。

いずれにせよ、スルタノフが最も尊敬していたホロヴィッツの編曲も、多くの曲が無事に録音されていたことに感謝し、お楽しみ頂ければと思います!
posted by Murakami at 15:54| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: