2018年05月26日

スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツのピアノ編)

スルタノフとホロヴィッツに関する紹介を続けていますが、今回は、スルタノフがホロヴィッツのピアノを弾いたという件についてをご紹介します。

スルタノフとホロヴィッツは一度出会い、それが最後であったというお話を以前書きました
しかし実は、もう1回運命的な繋がりがあったといいます。

1990年5月3日、スルタノフはニューヨークのカーネギーホールでコンサートを行いました。
このコンサートの日、スルタノフは15台のピアノからコンサート用のピアノを選ぶことが出来ました。
その時に選んだピアノは、ホロヴィッツがモスクワ公演に使ったピアノだったそうです。ホロヴィッツがモスクワ公演で使ったピアノというのは、まさにスルタノフが潜り込んで聞いたコンサートで使ったピアノ、ということになります。これは、"Steinway CD 503"として知られているものですが、スルタノフが選択した時はピアノの背景については知らされておらず、偶然選択したとのことでした。

ホロヴィッツはピアノを2つ所有しており、1つは自宅に、もう1つはカーネギーホールから2ブロック先のピアノショップに置いてありました。スルタノフはコンサートの前に、そのピアノショップに連れていかれたそうです。そこには、巨匠たちが使ったという15台のグランドピアノがありました。スルタノフはそこで試弾をした結果、最弱なピアニシモから最強のフォルテシモまでを作ることが出来る、大変可能性の高いピアノを見つけて、それを選んだということです。実は後になって聞いたところによると、運営側はそのピアノだけは選ばないで欲しいと思っていたそうです。なぜなら、そのピアノを使うためにはホロヴィッツの奥様である、ワンダ夫人の許可が必要であったからです。しかし、スルタノフはそのピアノを選びました。ワンダ夫人も特に気にされる様子はなかったとのことです。

ホロヴィッツを深く敬愛するスルタノフにとって、大変重要な瞬間であったと思います。カーネギーホールで行われたこのリサイタルは、実は録音はこっそり残っているようですので、このピアノ情報も理解した上で聴くとイメージも膨らむでしょう。しかし、ホロヴィッツのピアノを使った、カーネギーホールでのスルタノフのコンサートとはなんと贅沢でしょうか。是非ともライブで聞いてみたかったです。
このカーネギーホールでのコンサートを客席で聞いたという日本人がいると聞いたことがあります。機会があれば是非感想などを聞いてみたいところですね。いらっしゃいませんか!?

asafterconcert.jpg
※この写真はカーネギーホールコンサートの日かどうかはっきりしないのですが、この衣装で当日弾いたことだけは間違いないと言われています。
posted by Murakami at 12:39| Comment(0) | 歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: