2018年04月21日

スルタノフの3度は上手いのか

スルタノフといえば、やはり圧倒的なテクニックという印象があります。ピアノ演奏にはいろいろなテクニックがあり、スルタノフはオクターブの力強さやスピード感あふれるパッセージが印象的ですが、幻想即興曲に代表されるように、自ら進んで3度でいろいろと弾いているのでやはり上手なのでしょう。
既にスルタノフを代表する3度の技術が入った演奏をこれまで紹介してきましたが、もう少し比較しやすいものをご紹介してみます。

最初は、ショパンコンクールの1次予選で演奏した、ショパンのエチュード op.25-6 です。
スルタノフが残したショパンエチュードの録音は限定されているのですが、中でも op.25-6 の録音はこの1つしか残っていません。非常に貴重なものです。
以下はショパンコンクールで弾いたエチュード3曲の動画で、op.25-6 は2曲目(3:40頃)になります。

最近は op.25-6などの難曲をさらっと弾く若者もたくさんいるので、その技術の相対的な高さについてはちょっと判断が出来ません。ただ、1点ご紹介したいのは、スルタノフが病気で倒れた時に、スルタノフのオフィシャル掲示板に「私は1995年のショパンコンクールに出場していたのだが、あなたの op.25-6 を聞いて本当に圧倒されました」というコメントがかつてありました。ピアニストだからこそわかるものというのがあるのでしょう。
なお、このエントリの本題とは外れますが、このエチュードの動画を見ていると、なんといっても op.10-12 の革命のエチュードの演奏に圧倒されます。1次予選だというのに、演奏後もずっと終わらず幸せそうに拍手する聴衆たちをご覧下さい。最初に演奏された op.25-5 も本当に素晴らしいです。
ショパンコンクールの動画は、画質が悪いながらも手がよく見えますので、スルタノフの演奏するときの手や手首の使い方を学ぶのにとても参考になります。

もう1つご紹介したいのは、メンデルスゾーン=リスト=ホロヴィッツの結婚行進曲です。疲れも出てくるであろう後半に、見せ場の右手3度が登場します。腕自慢の若手がこの曲を弾くケースもよく見かけますが、ここの3度を苦しそうに弾いているのをみると、スルタノフのテクニックの凄さがわかると思います。
残念ながらこの曲を演奏した映像は残っていませんが、ライブでの興奮が伝わる録音が以下に残っています。2000年3月のリガでのコンサートの録音です。ラトビア共和国の首都リガはスルタノフ夫人出身の街でもあります。圧巻の3度が登場するのは4:35頃になりますが、結婚の喜びを表現した前半、官能表現豊かな中盤、そしてテクニック祭りの後半まで、是非全体を聞いていただき6分間の幸せを味わって下さい。
posted by Murakami at 09:58| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: