2018年03月31日

リストの半音階

前回のブログで半音階という言葉を出したので、スルタノフの演奏から関連するところを少し見ていきたいと思います。

今回のトピックは、ショパンのスケルツォ第1番 ロ短調 op.20 です。この曲には最後に両手で4小節の半音階のスケールを弾きます。ところで、ここの部分ですが、Wikipedia(英語版)のエントリには、以下のような記載があります。
Scherzo No. 1 (Chopin) - Wikipedia
スケルツォ第1番の解釈として、ヴィラディミール・ホロヴィッツが最後の半音階のスケールを、オクターブで左右交互に弾いたことは有名である。このテクニックは彼が他の作品でも、自らの象徴のようによく使ったものである。この左右交互のオクターブ弾きでは、オリジナルの半音階スケールと同じ速度で弾くことが求められる。フランツ・リストが最初にこの方法で弾いたといわれている。

このテクニックは、日本では「リストの半音階」と表現されているものだと思います。(英語では"interlocking octaves"と表現されることがあるようです)

では、スルタノフの演奏を聴いてみましょう。この曲は、ショパンのスケルツォ集の中でスタジオ録音を残していますし、また1997年公演でも演奏しました。

まず、こちらがスタジオ録音のものになります。スルタノフはスタジオ録音になると、ライブとは異なるテンションで弾いていますが、特徴的な解釈はやはり聴衆をひきつけるものがあります。何といっても、中間部のポーランドのクリスマス・キャロルといわれている部分が、あまりに美しいです。

映像はありませんが、最後の半音階のスケールは、間違いなく交互のオクターブで弾いていることがわかります。

もう1つ、こちらは 1997年の大阪公演(1997/3/30)のライブ録音と言われています。大変残念なことに、録音テープの都合上、一部が欠けていますが、ライブらしいハイテンションな演奏です。あまりに特徴的で、聴き所がありすぎて、その全箇所を指摘することは出来ません。最後の興奮のリストの半音階をお聴き下さい。1997年の大阪公演を実施に聴かれた方からも、この最後のオクターブに大変興奮した、というお話を聞いたことがあります。(しかもこの曲はコンサート前半の1曲目です)


スルタノフが弾いた、「リストの半音階」の事例といえば、例えばチャイコフスキーのピアノ協奏曲の第3楽章などもあげられると思います。
残念ながら以下の映像は、あまり腕使いを見ることが出来ませんが、これも貴重な資料かと思います。


さて、今回のブログでは、リストの半音階として、スルタノフのスケルツォ第1番を紹介しました。
スルタノフは、1997年の公演レパートリにスケルツォ全曲を入れており、日本でも何度も演奏されています。
残念なことに、頻繁に弾いた曲であるにもかかわらず、このスケルツォ1番のライブ録音としてまともに残っているものがなさそうです。もし、1997年のスルタノフ公演で、何らかの形でこのスケルツォ1番の録音をお持ちの方がいらっしゃれば是非お知らせ下さい。スルタノフご家族にもご連絡したいと思います。

参考楽譜:
Chopin3.png


posted by Murakami at 14:51| Comment(0) | 演奏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: