2018年02月24日

スルタノフ編を弾くピアニスト

スルタノフはかつて、「ラフマニノフがいて、ホロヴィッツがいて、クライバーンがいて、ぼくがいる」と発言したことがあるようですが、スルタノフもこういった歴史的巨匠たちと同様、次世代のピアニストたちに影響を及ぼしています。スルタノフ編として楽譜が出版されているわけではありませんが、スルタノフ編を弾くピアニストというのはいるのです。本日は、そんなピアニストたちを紹介してみようと思います。

まず最初に紹介するのは、Tribute to Sultanov シリーズでも有名な、今泉響平さんです。
今泉さんはこのシリーズで、メフィストワルツや、ラフマニノフのソナタ2番、幻想即興曲などを弾いていますし、スルタノフ編と記載はないものの、リストのソナタなども、スルタノフにならって演奏されました。YouTubeにもいくつか動画が紹介されています。
ショパンの幻想即興曲:

リストのハンガリー狂詩曲第2番:


今泉さんは、モスクワ音楽院で、ナウモフ系列にあたるオフチニコフ先生と勉強されており、執筆中の論文ではスルタノフについても含まれる、ということで、スルタノフ研究のトップに立つ若手ピアニストと言ってよいと思います。

次にご紹介するのは、2009年のオマージュ・ア・スルタノフシリーズで公演された、高木竜馬さんです。
この日は、昼の部、夜の部でまったく違う重量級プログラムを、当時16歳の高木竜馬さんが弾くという伝説的なコンサートでしたが、この日のアンコールでは、幻想即興曲のスルタノフ編を弾いて下さいました。
その日のことは、こちらに詳しいレポートがあります。

続いて、最近では、リスト国際で優勝された阪田知樹さんが、コンサートのアンコールで、やはり幻想即興曲を弾かれて話題になっていました。
https://www.facebook.com/TomokiSakataPiano/posts/1957316617814480
阪田さんは、こちらのインタビューでも、スルタノフについての思いを語ってくれています。

最後に、スルタノフ編とはやや異なりますが、ライブ・イン・リガの最後に収録された、"Alexei's Song" という自作曲を、伊賀あゆみさん&山口雅敏さんデュオがよく演奏されています。
お二人は、第1回のオマージュ・ア・スルタノフに出演されていますが、その時のアンコールに弾いたのがこの Alexei's Song の連弾アレンジです。その後、スルタノフのご家族を前に、モスクワでのコンサートでもアンコールに披露されています。
以下は、スルタノフ夫人が来日したときの公演からの動画になります。


今のところ当サイトが調査する範囲では、海外のアーティストがスルタノフ編を演奏した、という話は聞いたことがありませんが、インターネットにアップロードされていないところで演奏されているかもしれません。
もしそういった情報をお持ちの方がいらっしゃれば、是非お知らせ下さい。また、今後スルタノフ編に挑戦されるピアニストがいらっしゃれば、当ブログでも皆さんにご紹介したいと思いますので、ご連絡を頂けると嬉しいです。
posted by Murakami at 23:07| Comment(0) | 一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: