2019年12月31日

2019年、今年1年どうもありがとうございました

2019年はスルタノフ(1969-2005)の生誕50周年でした。いつも当ブログを応援して下さっている皆様に感謝申し上げます。

今年の8月7日まで、別名「週刊アリョーシャ」として、このブログを毎週1本投稿することは、ここ数年の目標でした。今後少しペースを落とすものの、スルタノフを愛する日本のファンのために、情報提供を続けていきたいと思います。

今年はメモリアルイヤーであったこともあり、いろいろな活動がありました。

まず3月には、「Tribute to Sultanov Vol.5 〜今泉響平 CD発売記念リサイタル〜」を実施しました(終了報告)。スルタノフファンだけでなく、ホロヴィッツファンの方々にも会場へお越し頂き、音楽を共有出来たことはよかったです。また、このコンサートがきっかけとなり、「ホロヴィッツ 全録音をCDで聴く」の中で、スルタノフに関する内容も言及されたことは喜ばしいことです。

5月にはテキサスでスルタノフのトリビュートコンサートが開催されました。こちらも毎年のことですが、Daceさんが大変精力的に活動されています。フォートワースにスルタノフの噴水を作るというプロジェクトの進行状況も報告されました。なお、Daceさんはこの年末に、テキサスから別の町へ引っ越しされるという話もあります。今後アメリカのサポートコミュニティがどのようになっていくかは、当ブログでも報告していきたいと思います。

同じく 5月には、ピアニストの今泉響平さんが、スルタノフ版の楽曲が含むCDを発売されました。収録された楽曲はこれまで Tribute to Sultanovシリーズでも演奏されてきました。是非ご本人にも聞いて頂きたかった力作です。

6月には、仙台国際音楽コンクールで来日していた、スルタノフファンの、アンドレイ・デニセンコ氏との交流企画を実施しました(終了報告)。大変フレンドリーなデニセンコ氏との交流で、スルタノフというピアニストを通じて、日本とロシアの距離がまた1つ縮まることになりました。

さらに6月には、ピアニストの日高志野さんが、スルタノフの故郷タシケントでコンサートに出演したことをご紹介しました。そして、この演奏会がスルタノフ作によるモーツァルト協奏曲カデンツァの本人以外の初演ということになります。歴史的なイベントでした。日高さんは、ウスペンスキー音楽学校とも交流をしてきて下さり、私たちの理解もますます深まりました。

8月には今年の最重要企画であった、Tribute to Sultanov 特別版を開催し、豪華4組のピアニスト、さらには若い学生たちによるスルタノフイベントを開催することが出来ました(終了報告)。
このコンサートを世界に紹介することをきっかけに、ロシアのスルタノフファンの方々ともコミュニティ同士交流することが可能になりました。

9月にはポーランドのクラクフで、スルタノフの生誕50周年をもお祝いに含む、Sfogato国際音楽祭が開催されました(終了報告)。日本のコミュニティを代表して、ポーランドの代表、および弟のセルゲイ氏と3人で連弾を行いました。
さらに、プライベートな話ではありますが、その後モスクワではスルタノフファミリーと会食をし、交流を深めて参りました。

12月にはロシアのオムスクで、スルタノフの名前を冠にした音楽イベントが開催されました。

今年は各種イベントを企画出来たこともよかったですが、世界中のスルタノフファンと大きく繋がることが出来ました。これは、日本がこれまで実施してきたイベントを世界に紹介出来た、という意味でもあり大変よかったです。
日本はロシアに比べてイベントは開催出来ているものの、ロシアにはスルタノフの音楽を真に愛するファンがまだたくさんいるのだ、ということをよく理解しました。彼らとともに、世界レベルの新しい活動も今後生まれていくと思います。

来年2020年は、スルタノフの没後15周年の記念イヤーでもあります。日本では特にイベントを今のところ企画しておりませんが、世界中でまた何らかイベントが開かれるでしょう。当ブログでは、そこらへんも、またお伝えしていきたいと思います。

本年1年、ブログをお読みいただきどうもありがとうございました。また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by Murakami at 16:25| Comment(0) | 一般