2019年10月19日

The Cliburn: 50 years of Gold

この動画自体は、もう随分前に公開されたものですが、その貴重な価値に今頃気が付いたので、改めて皆さんと共有したいと思います。
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの50周年を記念して、以下の動画が公開されました。この中では歴代の優勝者たちの懐かしい動画やインタビュー、また、コンクールの各シーンなどがつまっています。


この中でスルタノフのシーンは、22:15-23:10になります。優勝者の現在にインタビューしたものなので、スルタノフの代わりにスタニスラフ・ユデニッチが語っています。ユデニッチ先生は日本にもよく来日するので、名前が知られており、ウズベキスタンのタシケント出身ですが、この動画で語られている通り、同じ学校(ウスペンスキー音楽学校)の出身であり、そしてスルタノフが故郷の先輩として、どれだけ尊敬されているかについてを語っています。

この動画で最も貴重なシーンは、23:00 から数秒入った、モーツァルト K.330 2楽章の最初をリハーサルするシーンです。指を伸ばして寝かし、最初の C の音を 3-2-3-2 の指使いで弾くシーンが映像で鮮明に残っているのが、大変貴重です。
クライバーンコンクールの映像は、"Here to make music" というドキュメンタリーの中で多く使われており、その中のシーンだけがこれまで公開されていたものですが、このシーンはおそらく未公開ではないかと思います。クライバーン財団には、まだ未公開の映像がある可能性もあり、是非公開して欲しいものです。(特にドヴォルザークのピアノ5重奏)


クライバーンコンクールはフォートワースで開催されるので、スルタノフとの関係も深く、この動画は上記1分のシーンだけでなく、全体を見る価値があると思いますので、是非時間を取って見てみるとよいと思います。
例えば、私はユデニッチ先生が、1997年のコンクールを左手のやけどでセミファイナル棄権したという話をこの動画で初めて知りました。日本でも2001年の優勝のことばかり取り上げられるかと思いますが、こういうのが知れるのはドキュメンタリーの面白いところです。
posted by Murakami at 17:28| Comment(0) | 歴史