2019年10月06日

Sfogato国際音楽祭のご報告

先日、ポーランドのクラクフで開催されるSfogato国際音楽祭についてご紹介しました
こちらの音楽祭が、無事に終了しましたので、ご報告致します。

Scan10002.JPG

今年は以下が音楽祭のテーマでした。
- ショパン没後170周年
- スタニスワフ・モニューシュコ生誕200周年
- クララ・シューマン生誕200周年
- グラジナ・バツェヴィチ生誕110周年、没後50周年
- アレクセイ・スルタノフ生誕50周年
そして、日本・ポーランド国交樹立100周年の記念にもなっています。

今年は、上記を記念するにあたり、以下のようなプログラムになりました。
Scan10003.JPG

ポーランドを代表するスルタノフファンで、音楽祭の主催者でもある Marta Polanskaさん、Martaさんの弟で、ポーランドでもトップレベルのヴァイオリニストのMarekさん、また、スルタノフの弟の Sergei Sultanov などの面々が参加しました。

会場となった「Villa Decius」はショパンの弟子に関連するオーナーが所有しており、大変綺麗な建物です。
IMG_6527.JPG

スルタノフを記念して、弟のSergei氏が演奏しましたが、ポーランドのファン・日本のファン・そしてスルタノフの弟の3人で、ラフマニノフの6手連弾、ロマンスを演奏し、スルタノフの生誕50周年を記念するとともに、日本・ポーランド国交樹立100周年をお祝いしてきました。
たった数分の曲ですが、国籍もバラバラで初めて合わせる3人でしたので、前日2時間くらい集中的に練習し、本番はそこそこの出来になりました。

71211012_2580501758675704_931221529079840768_o.jpg

会場には、鳴海和子様が描かれたスルタノフとショパンの絵も飾られ、お祝いに相応しい雰囲気になりました。
046.JPG

来年は、スルタノフ没後15周年の記念イヤーでもあり、またスルタノフを記念する何かが出来そうな気がします。こちらも、また来年ご報告出来ると嬉しいです!
posted by Murakami at 23:22| Comment(5) | コンサート