2019年05月19日

ショパン:即興曲第3番

幸いなことに、スルタノフの録音は子供の頃のものに演奏したものが残っていますが、その中には、大人になってから録音が残っていない貴重なものがあります。その曲の1つが、ショパンの即興曲第3番です。
スルタノフが演奏するショパンの即興曲といえば、CDのタイトルにもなったくらい幻想即興曲が有名ですが、子供の頃には実は第3番も演奏していたようです。

幻想即興曲に関しては、1981年頃の録音は残っているようですし、モスクワデビューとなった Avicenna(980-1037)の1,000周年記念コンサートでウズベキスタン代表として幻想即興曲を演奏した、という記録はあるようですが、おそらくレパートリにしたのは、こちらの即興曲第3番のほうが先かと思います。
この録音は1979年の演奏で、まだナウモフ先生の影響がなく、ポポヴィチ先生の指導によるものと思われます。



録音状態は決してよくないですが、ポポヴィチ先生の確実な指導のもと、スルタノフの才能がよく見える演奏です。
posted by Murakami at 17:16| Comment(0) | 演奏