2019年05月04日

テキサスで開催されたAlexei Sultanov Tribute Concert

日本でもスルタノフの記念コンサートを行っていますが、スルタノフが最後に暮らした土地、テキサスのフォートワースでも、記念コンサートがよく開催されています。
今年も奥様の Dace Sultanov 氏を中心に 4/28 に開催されました。会場はフォートワースの教会、First United Methodist Churchになります。その時のコンサートが全編 YouTube に公開されましたのでご紹介したいと思います。



コンサートは、スルタノフが好んだ曲が幅広いジャンルから選ばれており、出演者からスルタノフ・ファミリーへの深い愛情を感じることが出来ます。

最初に、スコット・ジョプリンのメープル・リーフ・ラグが演奏されました。ピアノ演奏は、昨年のコンサートにも出演したオルガン奏者のPeggy Graff氏です。

その後、主催のDace氏から、簡単なお話がありました。
- ホロヴィッツのコンサートで屋根から滑り落ちそうになったDace氏を救ってくれたこと
- クライバーンのコンクールで優勝し、Devid Lettermanのショーに出演したこと
- 飛行機の中で、盲腸の女の子を助けたこと
- 4年半の闘病中の中で、左半身が麻痺しながらも、ピアノを弾いたこと
- フォートワースに、「アレクセイの噴水」を作りたいということ

次に「Jon Fortman」という作曲家が、Alexei と Dace のために作曲した作品、「Magija Harmonija」が演奏されました。この作品は、もともと昨年オルガンとチェロのために作曲されたものですが、今日の日のために再度オーケストラ向けで編曲されました。

それから、スルタノフが好きな作曲家「Nino Rota」の映画「Amarcord」から、ピアノとチェロで「Mia malinconia」という作品。

さらに、スルタノフがテレビゲームが大好きであった(ゼルダや、ファイナルファンタジー、マリオなど)という話をした上で、ウクレレ奏者の Tom McDermott氏による、スーパーマリオのテーマ。

続いて、ピアノとチェロの演奏で、タイスの瞑想曲。さらに、スルタノフがアンコールによく弾いたということから、カルメンのジプシーの踊りをサラサーテ版をチェロにアレンジして演奏。

そして、ここからは、雰囲気をがらっと変えて、eleven:eleven という教会バンドによる演奏になります。Dace氏はこのバンドで演奏するようになって、今年のイースターでちょうど10年を迎えたそうです。
Brad Thompson氏をリードボーカルとして、ここからスルタノフが好んだ曲が次々と演奏されました。
- Stevie Wonder: I just called to say I love you
- Michael Jackson: Billie Jean
- Louis Armstrong: What a Wonderful World
- Gloria Gaynor: I Will Survive
- Stevie Wonder: Sir Duke

そして最後に、アンコールで以下を演奏しました。
Sam and Dave: Hold on I'm coming

心温まる演奏会に見えました。日本やポーランド、モスクワなど、世界各地でこのような企画は行われているわけですが、とてもアメリカ的であり、そして地元の応援というかんじがします。

また、長年の夢であった、「スルタノフの噴水」の企画も紹介され、順調に進んでいそうなことがわかりました。
fountain.jpg
posted by Murakami at 08:34| Comment(0) | コンサート