2019年03月10日

リスト=ホロヴィッツ ハンガリー狂詩曲第2番

今回は、リスト=ホロヴィッツのハンガリー狂詩曲第2番をご紹介します。
この曲は1999年の公演シリーズの本プログラムの最後として演奏されていました。リストのソナタを弾いた後、さらにこの曲を弾くのですから、たいした体力と集中力です。


技術的なレベルの高さはもちろんのこと、スルタノフの人間的な魅力がよくあらわれた演奏で、この日の聴衆はみんな幸せな顔をしてサイン会に並んでいたことを覚えています。

さらには2000年のツアーでも、数々のホロヴィッツ編曲とあわせて使われており、2000年3月に、ラトビアのリガで行われたライブ録音は、ライブ・イン・リガとしてCDにもなりました。
LiveinRiga.jpg

さて、この曲はホロヴィッツが正式に楽譜を書き残したわけではありませんので、スルタノフは、採譜された楽譜や自らの耳を使って再現したと思われます。採譜されたものも、当時(1999年)はPDFとしてインターネットで入手出来るものではなく、コピーなどが繰り返されたものを見たのではないかと思います。
この演奏は、聴く人が聴くと、ホロヴィッツのオリジナルとは音が異なる、「スルタノフ編」とも言えるそうですが、これはベースに使った楽譜のせいかもしれませんし、本人のアイディアなのかもしれません。
耳に自信がある皆様は、ホロヴィッツのオリジナルも聴いてみて比べてみるのも面白いと思います。


このリスト=ホロヴィッツのハンガリー狂詩曲第2番ですが、今度 3月31日(日) の "Tribute to Sultanov Vol.5" コンサートにて「スルタノフ版」として演奏されます。大変貴重な生演奏の機会ですので、ご興味ありましたら是非以下のコンサートへご来場ください。
Tribute to Sultanov Vol.5 〜今泉響平 CD発売記念リサイタル〜
20190331a-1.jpg
posted by Murakami at 17:27| Comment(0) | 演奏