2019年03月03日

シューベルトの即興曲 op.90-4

スルタノフの後期のレパートリの1つ、シューベルトの即興曲 op.90-4 をご紹介します。
この曲は、おそらく1999年の公演用として使われ出したかと思います。東京公演など、本プログラムにない公演ではアンコールピースとしてよく演奏されましたし、名古屋公演では本プログラムの中の1曲として使われました。
この曲は「スルタノフ編」と言ってもよい解釈で演奏されていて、立体的に表現されています。初めて聞いた方は、そのスルタノフワールドに驚かれたかと思います。正式な録音は残っていないものの、幸いライブ録音が残っていました。


ホロヴィッツもこの曲を演奏しておりますので、あわせて聞いてみると影響や違いなどがわかって面白いかと思います。


さて、このシューベルトの即興曲 op.90-4(スルタノフ編) ですが、今度 3月31日(日) の "Tribute to Sultanov Vol.5" コンサートにて演奏されます。生演奏では滅多に聴けないレパートリになりますので、ご興味ありましたら是非以下のコンサートへご来場ください。

Tribute to Sultanov Vol.5 〜今泉響平 CD発売記念リサイタル〜

今回ご紹介するスルタノフの演奏やホロヴィッツの演奏と共に、こちらのコンサートもスルタノフやホロヴィッツの演奏をより楽しむ1つのきっかけとして、お越し頂けると嬉しいです。

20190331a-1.jpg
posted by Murakami at 11:53| Comment(0) | 演奏