2019年02月17日

チャイコフスキーの四季

前回は、ドゥムカの演奏を紹介しましたが、スルタノフはチャイコフスキーの四季の録音もいくつか残しています。当時オフィシャルホームページのレパートリには、「四季」とだけ書かれていましたが、実際には12曲の録音はなく、残されているのは2曲のみです。

スルタノフが出場した1986年と1998年のチャイコフスキーコンクールでは、四季が課題曲に含まれるため、何か1曲を選んで弾く必要があります。現在は何を弾いたか知られていますが、皆さんだったら、何月を弾くのがスルタノフらしいと思われるでしょうか。私はもう少し元気なものを選ぶかと思い、「10月」や「11月」は少し意外でした。

さて、1998年のチャイコフスキーコンクールで演奏した「10月」は、最終的には Chicago Tribune の追悼記事でも音源が紹介されるなど、あまりコンサートでは演奏されなかったレパートリですが、そこそこ知られるようになりました。



実際の演奏姿はこちらです。1次予選で、熱情ソナタ1楽章の直後、3曲目として演奏されました。ppからffまで、コンクール出場者の演奏とは思えない円熟の演奏です。ゆっくりな演奏の中でも、ホールに音が非常によく響いているのがわかります。


さて、嬉しいことに、10月だけでは11月の演奏も残っています。1986年のチャイコフスキーコンクールでは、11月のほうを演奏しており、その時な貴重な録音も残っているのです。


さらに、実は1998年のチャイコフスキーコンクールの「リハーサル」という動画の中では、何故か10月ではなくて、11月が演奏されています。この「リハーサル」というのは、「予備予選」のことではないかと言われています。いずれにせよ、コンサートで演奏されなかったレパートリをこのように12年間の成長を比較しながら聴けるというのは、大変ありがたいことです。
posted by Murakami at 11:30| Comment(0) | 演奏