2018年07月21日

NHKで放送された録音・録画

スルタノフの録音はCDレコーディングなどの正式なものに加え、各国のリサイタルのライブ録音なども貴重な資料として残っています。ご家族がプライベートで残しているものもありますし、ポーランドや韓国などのコンサート映像なども残っています。なかでも日本公演はNHKが残してくれており、世界的にも大変貴重な資料となっています。

もう20年ほど前のことになりますが、NHKはスルタノフのどの来日公演の録音を放送していたのか、というのは、こちらから検索・確認することが可能です。

番組表検索結果 | NHKクロニクル

10件が引っかかり、再放送もありますが、以下のように分類することが出来ると思います。

1. 1996年の録音 (東京芸術劇場)
- ベートーベン:熱情ソナタ
- ショパン:バラード第4番
など

2. 1996年の録画(1) (東京芸術劇場)
- ショパン:バラード第4番
- スクリャービン:ピアノソナタ第5番
- ラフマニノフ/ホロヴィッツ:ピアノソナタ第2番
など (下記とほぼ重複するでしょうが、スクリャービンの5番が貴重)

3. 1996年の録画(2) (東京芸術劇場)
- ショパン:バラード第4番
- ショパン:スケルツォ第3番
- ラフマニノフ/ホロヴィッツ:ピアノソナタ第2番
- ショパン:幻想即興曲
- ショパン:華麗なる大円舞曲

1996NHK.png

4. 1999年の録音 (東京芸術劇場)
- ショパン:マズルカ op.56-3
- リスト:ピアノソナタ
など

5. 1999年の録画(1) (東京芸術劇場)
- ショパン:マズルカ op.56-3
- インタビュー(ロシア語 / 日本語字幕)
- リスト:ピアノソナタ
- リスト/ホロヴィッツ:ハンガリー狂詩曲 第2番
- ショパン:革命のエチュード

1999NHK.png
s7.jpg

6. 1999年の録画(2) (東京芸術劇場)
- ショパン:ピアノソナタ第3番

これらの中には、よく知られているのもあるでしょうし、一方で私も放映に気がつかず持っていないものもあります。

また、上記に記載してはいませんが、1995年のショパンコンクールもニュース番組で多少小さく取り上げられたようです(ドキュメンタリーはこの年はなかったようです)

来年、再来年は実はスルタノフのメモリアルイヤーであり、2019年は生誕50周年、2020年は、没後15年となります。2020年は、ショパンコンクールイヤーでもあります。ここに向かって、過去の貴重な資料を、NHK様に再放送して頂きたい、というのが今の私の夢であります。もし実現に向けて、よいアイディアなどがありましたら、是非、知恵と力をお貸し下さい。
posted by Murakami at 15:14| Comment(0) | メディア