2018年07月14日

イタリア協奏曲

前回のブログでスルタノフが演奏したイタリア協奏曲の3楽章をご紹介しました。
今回は、1, 2楽章についてご紹介します。

スルタノフはクライバーンコンクールの予選で、イタリア協奏曲の1楽章を演奏しています。この演奏は、公式に発売されたCDやDVDには入っておらず幻だったのですが、実は録音は残っており、今は YouTube でその貴重な録音を聴くことが出来ます。
先日ご紹介したポゴレリッチフェスティバルでは全楽章弾いているのですが、1楽章の録音は不完全で残っているため、この1楽章のまともな録音はコンクールの録音だけ、といわれており、やはり大変貴重な録音になります。コンクールで弾いているとは思えない、元気いっぱいの若者的な表現になっています。


さて2楽章の録音ですが、私が知る限り、世の中にはポゴレリッチフェスティバルの録音と、あるコンサートでアンコールで弾いたときのことと、2つほど録音が残されてそうです。YouTube にはポゴレリッチフェスティバルの録音が残っているようでして、こちらを紹介させて頂きます。



以前あるピアニストの先生が、様々な録音をつめたものを順に聞いているうちに、あまりに色っぽいイタリア協奏曲の演奏が流れてつい手を止めて演奏者を確認したらスルタノフだった、という話を聞いたことがありますが、やはり独特の魅力にあふれた演奏だと思います。

お楽しみ下さい!
posted by Murakami at 07:34| Comment(0) | 演奏

2018年07月07日

スルタノフも間違える(バッハ:イタリア協奏曲第3楽章)

これは大変貴重な録音です。スルタノフが派手に間違えたのが記録されている、唯一の録音であると共に、バッハのイタリア協奏曲の3楽章の演奏の記録があるのはこの音源のみになるからです。

さて、その大変貴重な演奏はこちらになります。1989年のポゴレリッチフェスティバルでの演奏の録音と言われています。
何ともスルタノフらしい、幸せな始まり方ですが、途中で暗譜が数回怪しくなります。これで止まらず最後まで弾ききるのはさすがプロです。ともあれ、貴重な録音をお楽しみ下さい。


ところで、これはサイドエピソードですが、イタリアのピアニストで Sandro Russo という方がいます。日本でも、名前が知られた方です。
ある時、Sandro氏は突然のリクエストでこのイタリア協奏曲を本番で弾いたときに、悔いの残るミスをしたそうです。彼も実はスルタノフの演奏が好きで、よく聞いているそうですが、いろいろとスルタノフの音源をあさっているうちに、この音源に遭遇しました。Sandro氏曰く、このイタリア協奏曲を聴いていると、自分に弾き方が似ていると思ったそうですが、かつて自分が悔やまれるミスをしたところと同じところでスルタノフもミスしているのを聞いて、特別難しくもないにも関わらず何とも偶然だ、と思ったそうです。
スルタノフにインスパイアされたピアニストたちのこのようなエピソードもまた、興味深いと思います。
posted by Murakami at 11:01| Comment(0) | 演奏