2018年06月17日

スルタノフの演奏に見るホロヴィッツの影響(モーツァルト)その2

前回のブログで、スルタノフが演奏するモーツァルトのソナタの演奏に、ホロヴィッツの影響が見られる、というお話をしました。
前回ご紹介したのは、K.330 の第1楽章の演奏です。それでは、他の楽章はどうかというのも気になるところです。
一般的にスルタノフファンの間で幅広く知られている K.330 の録音は、クライバーンコンクールのライブ録音であり、2, 3楽章だけが演奏されています。音源はコンクールのオフィシャルCDに入っており、また一部の映像はオフィシャル DVD の "Here to make music" に収録されています。

冒頭の映像:


3楽章のフル音源:


この演奏は、希望と幸せに満ち溢れ、上から押しつけられたところのない、10代の男の子らしい快活な表現が満載の大変気持ちのよい演奏です。
ところで、このよく知られた3楽章の演奏に対して、2004年8月21日に開催した「ライブ・イン・リガCD発売イベント」で、出席された作曲家の先生からこのような解説がありました。
最後の和音をホロヴィッツはバラして弾くが、スルタノフはバラさないで弾く

これは、まさに最後の以下の3つの音のことです。確かにコンクールでの録音を聞くと、スルタノフは楽譜通りに弾いています。
Mozart-KV330-2.png

では、ホロヴィッツが 1986年のモスクワ公演でどのようにここの箇所を弾いたかを確認してみると、こちらも確かにペダルを使い華やかなアルペジオで弾いています。同時16歳となるスルタノフも未来の妻となるDace嬢と一緒にこれを聴き、刺激を受けたことでしょう。


さて。コンクールでは確かにバラさず弾いていたものの、他の時はどうだったのでしょうか。
前回ご紹介した1楽章の録音には、続きの楽章の録音があります。1991年12月20日ギリシャのアテネ公演の録音ではないかと言われているものです。

この録音を聴くと、最後の和音はアルペジオで弾いていることがわかります!もちろん、ホロヴィッツの影響を受けたものだと思います。同様に、1990年5月3日のカーネギーホール公演でも、アルペジオで弾いたようです。

余談になりますが、スルタノフは1991年および1999年の来日公演でも、このソナタを演奏しています。
1991年の来日公演については演奏記録がなくわかりませんが、1999年の来日では、3楽章はクライバーンコンクールの時と同様、バラさずに弾いていたと記憶しています。その時々にあったスタイルできっと演奏されているのだと思います。
ホロヴィッツのアパートに招かれた時も、このソナタを演奏した、ということですが、果たしてどちらの弾き方をしたのか興味深いところです。
posted by Murakami at 17:55| Comment(0) | ご家族

2018年06月09日

スルタノフの演奏に見るホロヴィッツの影響(モーツァルト)

スルタノフの演奏を聴いていると、いたるところにホロヴィッツの影響を感じることが出来ます。本日はその1つをご紹介します。

スルタノフが演奏したモーツァルトの K.330 はクライバーンコンクールで演奏した 2, 3楽章が録音としては有名ですが、大変貴重な1楽章の録音も実は残っています。

以下の録音日時はあまりはっきりしませんが、情報を整理する限り1991年12月20日ギリシャのアテネ公演での録音の可能性が高いと判断しています。


この演奏は自由度が高く音楽の喜びが見事に表現された素晴らしい演奏で、是非多くの方に聴いて頂きたい演奏です。

ところで、スルタノフと K.330 といえば、1986年のホロヴィッツモスクワ公演で演奏を生で聴いて大きな刺激を受けたであると想像されます。その後、スルタノフは1989年にホロヴィッツの自宅を訪ねた時も、ホロヴィッツの前でこの曲を演奏しています。
そのホロヴィッツのモスクワ公演の演奏を聴いてみると、スルタノフがいかにこの演奏から影響を受けていたかがわかります。第2主題の入り方や、ドミナントコードの弾き方など、あちこちに感じることが出来ます。


特に特徴的なのは、トリルの弾き方です。スルタノフの演奏では最初に1:22あたりに出てくる以下の部分は、中でも特徴的です。ホロヴィッツに倣い、何ともお洒落な弾き方です。
Mozart-KV_330.png

スルタノフは好きな作曲家にモーツァルトをあげていましたが、この演奏を聴くと実によくわかりますし、他にも様々な録音を聴いてみたいと思わされます。

posted by Murakami at 11:29| Comment(0) | 演奏

2018年06月03日

スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツ編を弾く)

全4回で予定していた、スルタノフとホロヴィッツに関する連載の最後になります。過去のものはこちら。

スルタノフとホロヴィッツ(妻 Daceとの出会い編)
スルタノフとホロヴィッツ(ご対面編)
スルタノフとホロヴィッツ(ホロヴィッツのピアノ編)

さて、ホロヴィッツシリーズ4回目となる今回は、スルタノフとホロヴィッツ編曲作品についての関わりをご紹介します。
スルタノフが持っていたレパートリという点からは、以下のレパートリページとディスコグラフィページが参考になります。この中にも、ホロヴィッツという文字が見えます。
アレクセイ・スルタノフ ソロレパートリ
アレクセイ・スルタノフ ディスコグラフィ

スルタノフの演奏は、もちろんどの曲もホロヴィッツの影響を大きく受けているわけですが、まず最初にホロヴィッツの解釈にならって演奏された、といえるのは、1988-89年に演奏されているメフィスト・ワルツだと思います。以下の動画はクライバーン・コンクールのビデオ審査に提出したものですが、この後、コンクールで弾き、カーネギーホール公演を含む入賞者コンサートツアーで何度も弾き、さらにはホロヴィッツの目の前でも弾いています。


時間軸として、次にスルタノフが弾いたのは、ラフマニノフのソナタ2番のホロヴィッツ版になると思います。主に1996年の公演プログラムに使われましたが、それより前の1992年に2月にTELDECのベルリンのスタジオにて録音を行っています。


以下は1996年の東京公演になります。


その次にスルタノフが弾いたホロヴィッツ編は、リストのハンガリー狂詩曲第2番です。こちらは、1999年3月の日本公演で演奏しています。具体的にいつ頃から弾いていたかの記録はありませんが、1998年の7月頃から練習をしていたのではないかと言われています。


さて、その後スルタノフは2000年3月に行われたリガでのライブで、ハンガリー狂詩曲に加えて、カルメン変奏曲、結婚行進曲、死の舞踏と、4曲のホロヴィッツ編を披露しています。この3曲もレパートリとしては当時最新であったと推測されますが、この中ではカルメン変奏曲を一番最初にマスターしていたようです。1998年に行われたインタビューで、既にカルメンをレパートリにしていると答えたようですが、1999年公演ではアンコールを含めて一切披露していなかった点や、ホロヴィッツ編の多くの楽譜を1999年公演の中でファンから入手したのでは、という疑惑もあり、はっきりしないところもあります。いずれにせよ、これらはあっと言う間にレパートリになり、1999-2000年の公演で、母国ウズベキスタンや、モスクワ、リガなどで演奏しています。実現こそなりませんでしたが、ジャパン・アーツのアーツコアレーベルより、ホロヴィッツの編曲集の録音をリリースするという計画もありました。

これは 2000年にモスクワのグネーシンでのコンサートの貴重な映像です。カルメン変奏曲。


同じ日に演奏した、死の舞踏。


別の日(2000年3月のリガ公演)の録音より、結婚行進曲。


最後に、上記まではよく知られているのですが、さらに2000年4月に、スルタノフはフォートワースにてもう1曲、ホロヴィッツ作曲の「変わり者の踊り」を録音しています。
この録音は、ロシアなどで小さく流通されたという「Unpublished Sultanov」というCDの中に含まれました。


録音が残っているのは、今のところこれくらいです。
この他によく知られている話としては、以下があります。
1. リスト=ホロヴィッツのハンガリー狂詩曲第15番(ラコッツィ行進曲)はレコーディングこそ行われなかったが、既に練習には取り組んでいた。
2. ホロヴィッツ編曲の星条旗よ永遠なれ、は、本来アメリカ国籍取得記念セレモニーで演奏予定であったが、時期が延びてしまい、結果的には病後となった2004年に右手1本で "America the Beautiful" を演奏した。
その他、レパートリリストには、ハンガリー狂詩曲第19番のホロヴィッツ編も記載がありますが、こちらは情報はありません。

いずれにせよ、スルタノフが最も尊敬していたホロヴィッツの編曲も、多くの曲が無事に録音されていたことに感謝し、お楽しみ頂ければと思います!
posted by Murakami at 15:54| Comment(0) | 演奏