2024年06月20日

ポポヴィチ先生流に練習するバラード1番

これまで2回ほど、ポポヴィチ先生流の早いパッセージの練習方法についてを書いてきました。
1. ポポヴィチ先生の練習方法
2. ポポヴィチ先生の練習方法その2

今日もタミーラ・サリムジャーノワ先生と、ショパンのバラード1番を教えて頂いていたのですが、バラード後半の難所で上記の練習方法をどう活用するかを教えて頂きました。

1つ目の停止しながら弾く練習については、シューベルトで習った時は3/4拍子の中での3連符の弾き方でした。前回はバラード1番の中の以下の音型の中で習いました。6/4拍子の中での八分音符は、6つずつでカウントします。
ballade1-4.jpg

バラード1番の難所のコーダは2/2で、かなりカウントもしずらいので、どのように練習するのかなと思いましたが、普通にまずは1拍目(赤)、次は2拍目(青)という具合に練習していけばよいようです。
拍で止まる練習は、いきなり言われてもすぐには出来ないのですが、タミーラ先生がその場でお手本を見せて下さるので、言い訳は出来ません。ポポヴィチ一門として練習します。
ballade1-2.jpg

さて、重音も多いバラード1番、前回は重音の弾き方を習いましたが、あちこちでその手法が使えると習いました。例えばこんな場所もです。最初は上の音(赤)、次に練習する時は下の音(青)という風に出来ます(この楽譜で言えば、重音の全てで実施)。この時に弾く、赤や青の音は、極力強い音で練習するのがコツなのだそうです。
さらに言えば、この左手のパッセージもそうだし、バラードの中でたびたび出てくるこういった左手の音型でも練習可能と教えて頂きました。ポポヴィチ門下生の強靭なテクニックはこういう地味な練習から生まれたんですね。
Ballade1-3.jpg

posted by Murakami at 00:55| Comment(0) | 一般

2024年05月01日

スルタノフを語る!〜対談動画のご紹介

今日は最近のYouTubeに投稿された動画の紹介です。
先日は、「スルタノフの凄さとは」というアーニャちゃんねるの動画を紹介しましたが、今回はそれに類似したコラボ企画のような動画です。

ピアニストの丸尾祐嗣さんが、ご自身のYouTubeチャンネルで、山口紺碧さんと、スルタノフについて語っています。お二人は、よくYouTubeで仲良くコラボされているだけあって、楽しい脱線などもありつつも、テンポよく会話が進んでいて、見ていて楽しい動画になっていますね。



動画の中でも触れられていますが、やはりショパンコンクールファイナルでの、コンチェルトの2番は名演です。


その他、ピアノを弾く方にとって、興味深い内容がたくさん含まれており、ロシアピアニズムを研究されている丸尾さんの口から、どのようなことが語られるか、是非1度ご覧ください。

あわせて、こちらの Instagram もよろしくお願いします。
https://www.instagram.com/sultanovjp/
posted by Murakami at 17:30| Comment(0) | 一般

2024年04月16日

ポポヴィチ先生の練習方法その2

もう4年前ですが、シューベルトの即興曲を題材に、ポポヴィチ先生のテクニック練習法の記事を書きました。

今日も、タミーラ・サリムジャーノワ先生と、ショパンのバラード1番を勉強していたのですが、その中で速いパッセージをどう練習するかについての話が出てきて、まずは前回書いた「途中停止法」で練習するといいわよ、という話が出てきました。八分音符6つをひと固まりで、1つめの音から、6つめの音まで6通りの練習方法があります。前回書いたブログ記事を思い出しました。

さらに、今日教えて頂いた新技は、重音を2回弾くという方法です。
例えば以下の楽譜の赤く囲った部分は重音ですが、重音を弾いた直後にCの音をもう一回弾きます。
(CG)-C-B♭-D (B♭F#)-B♭-A-D という風に弾きます。
次のフェーズでは、重音の下を2回弾きます。つまり(CG)-G-B♭-D (B♭F#)-F#-A-D という風に弾きます。
ballade1-1.jpg

この方法も、ポポヴィチ先生直伝だそうで、退屈だけど効果があるわよ、と教えて頂きました。明日から私もやってみたいと思います。
スルタノフも幼少期にこのような練習をしたのか気になりますね。

タミーラ先生の素敵なショパンバラード1番の演奏はこちらです。
posted by Murakami at 00:32| Comment(0) | 一般

2024年04月11日

スルタノフの凄さとは

今度7/28のスルタノフ記念コンサートでも演奏する予定であるピアニストの山口紺碧さんが、ご自身のYouTubeチャンネル「アーニャちゃんねる」で、スルタノフの凄さについて語ってくれています。

スルタノフの凄さは、わかりやすいところで、速度や重音、オクターブなどの技術や、ダイナミックレンジ、美音、爆音、そして表現力など、人によって言うところが違うでしょうね。
是非、山口さんの視点をお楽しみ下さい。

山口さんは、今度スルタノフの記念コンサートでも演奏者として出演されるわけですが、このように演奏者自らが語ってくれるのは嬉しいですね。モスクワのコンサートでもそうでしたが、出演者からのリスペクトが感じられるコンサートであることを嬉しく思います。



そういえば以前ポポヴィチ先生も仰っていましたが、「恐れを知らない」というところも、スルタノフの凄さの1つですね。皆さんはいかがでしょうか!?
posted by Murakami at 22:20| Comment(0) | 一般

2024年04月06日

Tribute to Sultanov ‘24 コンサートのお知らせ

2022年には、ピアニストの山口紺碧さんと一緒に、記念コンサートを開催することが出来ましたが、今年も良いお話をさせて頂くことが出来て、またこの2人で、スルタノフを記念するコンサートを開催することになりました。

Tribute to Sultanov ‘24 〜山口紺碧 & 村上雄介 ジョイントコンサート〜


いつもはスルタノフの誕生日である8月7日を意識して開催していますが、今回は少しコンセプトを変えて、7月28日に開催することにしました。これは、スルタノフがホロヴィッツに出会った日、1989年7月27日を意識して、今年はそこから35周年ということにフォーカスしてみます。

スルタノフがホロヴィッツに出会った日については、このブログでもいくつか記事を書きました。この日は、2人で連弾をしたという話もあり、シューベルトの幻想曲を弾いたと伝えられています。
そんな背景から、今回私たちは、シューベルトの幻想曲にチャレンジしてみたいと思います。その他、スルタノフ・ホロヴィッツを思い出すような曲目を並べてみました。アーニャちゃんと私は、一緒にスルタノフの家でプロフをご馳走になった仲であり、記念となるコンサートを一緒に出来ることが嬉しいです。

いつも通り、手持ちの資料を並べたり、エピソードをご紹介したりしながら、お客様と楽しい時間を共有したいと思います。

よろしければ是非皆さん遊びに来て下さい。

日時: 2024年7月28日(日) 13:30 開場 14:00 開演
会場: hall60(ホールソワサント)(明治神宮前[原宿]駅 徒歩5分)
チケット:【前売】1枚3000円、【当日】3500円  全席自由

出演
ピアノ:山口 紺碧(Ao Yamaguchi)
ピアノ:村上 雄介(Yusuke Murakami)

主催: アレクセイ・スルタノフ支援会, AnyaPlus
後援:ユーラシア交流支援センター、くらしき作陽大学、くらしき作陽大学鶴声会(同窓会)、国立音楽大学附属高等学校同窓会
チケット予約: こちらから受け付けております。
お問い合わせ: aoyamaguchi.pf@gmail.com

20240728-1.jpg
posted by Murakami at 22:09| Comment(0) | ご家族